2018年 8月 15日 (水)

女性誌に見る40代女子「イタ可愛さん」のボーダーライン

印刷

   女性であれば、いくつになっても若く見られたいと思うだろうし、職場の同僚から「きれい」「かわいい」と思われれば嬉しいに違いない。ただ、その気持ちが強すぎると、周囲から「痛々しい」と思われてしまうかも。ある女性誌には、そんな女性にならないためのチェックリストが掲載されていた。

物なのに「この子」と擬人化・・・

勇気を出して「イタ可愛(かわ)さん」チェックしてみよう(「美STORY」2011年3月号より)
勇気を出して「イタ可愛(かわ)さん」チェックしてみよう(「美STORY」2011年3月号より)

   「美しい40代がニッポンを美革命」というキャッチコピーを掲げる、光文社の女性月刊誌「美STORY」2011年3月号。

   40代主婦のセミヌードを表紙に掲げたり、35歳以上の女性から「国民的美魔女」を選んだりと、デフレと無関係のパワー全開だ。

   しかし、誌面は女性の美しさを絶賛しているばかりではない。「可愛い」を目指す若作りが、もしも周囲から「痛々しい」と思われているとしたら・・・。

   そんな不安を抱く人には「あなたのイタ可愛度は?」のチェックリストをオススメしたい。例えば40代なのに、

「ミニスカートをはくことがある」
「写真に写るとき、首や体を傾けてしまう」
「物なのに『この子』と呼んで擬人化してしまう」

といった項目には、バッチリ当てはまる女性も多いのでは。男性だって、「いるいる!」と思いあたる人がいるかもしれない。

「松田聖子、君島十和子のどちらか、もしくは両方が好き」
「リゾートなどで、ついサングラスを頭にのっけてしまう」

という項目からは、遠きバブルの香りがプンプン。時代を感じてしまう。

   このほか、「電車の中でメークをしてしまうことがある」「平子理沙をイタイと思わない」「メールに絵文字が多いかも」など、容赦のない辛口の項目が計40個並ぶ。

   とはいえ、これらの項目にひとつも当てはまらないのが、女性として理想的な姿というわけでもないようだ。チェックが1~4個では「女としてもう少し頑張りましょう」、5~10個の場合は「ナチュラルすぎて老け気味かも」と手厳しい。ある程度の若作りの努力は必要なのだ。

「自然な清潔感」を出すのは意外と難しい

   ただ、チェックが11個を超えたところからは、

「注意しないとすぐイタ可愛さん」(11~20個)
「完全なイタ可愛さん」(21~25個)

へと逆方向にまっさかさま。26個以上になると、「もうそのまま突き抜けちゃって~!」とお手上げ状態だ。

   その他、手を出したら大やけど、40代がやってはいけない「可愛い」の例として、「目元だけピカピカ浮くような塗りすぎパステルアイシャドウ」や「20代の流行を取り入れたパッツン前髪」「ギャルばりのド派手ネイル」「やりすぎのまん丸チーク(ほほ紅)」などがあがっている。男性たちからも、

「目の上が白っぽく浮いて見えるのはパステルのせい?」
「40代でパッツン前髪にしたら、気味が悪いお菊人形」

など不評の声が。20代の女の子に流行っていても、40代にはハードルが高いものもある。

   手抜きもダメだが、無理な若作りもダメ――。自然な清潔感を出すサジ加減は、けっこう難しいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中