アラフォー、一児の母 いまさらながらiPadにハマる

印刷
「もっと早く買っておけばよかったわ、って(笑)」

   真新しいiPadを片手に、アラフォー女子のA子さん。小学生の子どもを抱えながら、イベントや結婚式など司会を行う、ナレーターコンパニオンをしています。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

子どもの送迎のスキマ時間を有効に使える

   これまではガラケーを使っていたのですが、古くなったので買い替えを検討していました。

「自分や子どもの予定をガラケーのスケジュール帳で管理していたんですけど、細々したボタンを打つのが面倒で。よく打ち間違えるし(笑)。
それで、もう少し大きなものがいいと思って、電気店でスマートフォンを見比べていたら、店員さんが『いっそ、こちらはどうですか』って見せてくれたのがiPadだったの」

   もちろん、iPadのことは知っていたのですが、あくまで「電話」の買い替えだと考えていたので、候補からすっかり抜け落ちていたのだそうです。

   手に取って店員さんから説明を受けているうちに、だんだん「これしかない!」という気になっていったA子さん。

「家で旦那が1台しかないパソコンを使っている時でも、これなら好きな時にネットにつなげるでしょう。なにより便利なのは、子どもの習い事の時。車で送っていって、そのまま終わるまで待つことが多いんですが、その間にちょっとした原稿の手直しなんかの書き仕事や調べものができちゃう。
ラジオ番組のアシスタントもするんですけど、放送中に難しい時事用語やアーティスト名なんかも、パパッと検索して調べることもできるし、すごい助かってます」

通信費は2倍でも「効率的に稼ぐ」と前向き

   周囲のママ友や学生時代の友人には、まだ使ってない人が多いので、折を見て買った店の店員さんを訪ねて質問したり、仕事先にいる詳しい人に使い方や便利だったり評価の高いアプリを教えてもらったそうです。

   その甲斐あってか、まだ買ってから1か月ほどしか経たないのに、IT関係者かと見間違えるほどiPadに詳しく、使いこなしているA子さん。

   ところで、肝心の「電話」はどうしたのでしょう?

「ケータイは型落ちの安いヤツにして通話専用。デカイのと小さいのと2個持ちになって、カバンがちょっと重たくなったのがアラフォー女子には辛いっちゃ辛いけど、そんなの気にならないぐらい、世界が広がった感じ。
通信費用が2倍かかるぶん、効率的に仕事をやって稼ぐぞ、って前向きな気持ちにもなってます(笑)」

   ちょっと心を洗われました。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中