職場で義理チョコ配る若手女子に「お局さま」憤激

印刷

   NTTレゾナントが運営するgooランキングの「バレンタインデーの『負け組』男子の特徴」が、辛らつで物悲しくてたまりません。全国の男女1128人が下した負け組の第1位は、「俺甘いもの苦手だし、と聞こえるようにつぶやく」男子でした。

   2位以下には、「帰宅時に自分でチョコを買っている」「何度も机の中やゲタ箱を確認する」が続いています。「用事あるからと、なかなか帰らない」「○○君呼んできて、と女子に頼まれている」という男子も上位となりました。

「チョコよりも、普通年賀状だろう」

自分で買って食べてもいいじゃない
自分で買って食べてもいいじゃない

   ツイッターを検索すると、バレンタインデー前に「甘いもの苦手」とつぶやいていた人は、確かに存在するようです。ただし、もらえないことへの言い訳なのか、本当に甘いもの嫌いで受け付けないのかは分かりません。

   一方、女性に聞いた「バレンタインデーの悲しい思い出」ランキングでは、「チョコを渡す人がいなかった」が1位に。もらえなかった男子も悲しいけれど、あげたい人がいなかった女子も密かに心を痛めているようです。

   2位以下には「女の子同士でしかチョコを交換しなかった」「自分のためにチョコを買って食べた」が続きました。6位の「義理チョコを配りすぎて、本命より高くついた」というという声には、うなずく女性も多いのでは。

   Q&Aサイトの「教えて!goo」には、職場で「お局さま」と呼ばれる年代の女性からのグチが掲載されています。数年前から「義理チョコ」配りをやめていたのにもかかわらず、ひとりの若い女子職員が、男性職員にバレンタインデーのチョコを配っていたのだそうです。

   そして、あろうことか、このお局さまにまでチョコを・・・。案の定、「はあっ、と思ってしまいました」「職場の男性に渡したいけど、自分ひとりで男性だけに渡すのも何だからというのが見え見えで、ひいてしまいました」と散々な反応。

   お局さまの友だちも、若い彼女を「同性に嫌われるタイプだよね、私も苦手」と言っていたとか。彼女から年始のあいさつが届いていないのを引き合いに出し、お局さまは「チョコよりも、普通年賀状だろう」とお怒りのご様子です。

とっておきのチョコレートのお菓子 (Sweet sweets series)
とっておきのチョコレートのお菓子 (Sweet sweets series)
  • 発売元: 成美堂出版
  • 価格: ¥ 893
  • 発売日: 2001/12
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中