話題の「共同購入型クーポン」って、実際どうなの?

印刷

   東京バーゲンマニアがスタートした2010年12月、サイトを見てくれた知人から「面白い!」という声が多かったコンテンツの一つに「クーポン」コーナーがあります。話題の「共同購入型クーポン」のサイトをまとめたコーナーです。 ... ...
[記事に戻る]

001
アタリとハズレがあるクーポン利用 2011/2/28 11:16

クーポンの利用には一定の覚悟が必要。
クーポンはたしかにお得なサービスだ。
しかし現実として詐欺目的の通販店(おせち騒動の「バードカフェ」)や、
クーポンサイトに掲載はしてみたが、
途中で、経営に支障が出てクーポンの使用をキャンセルする
飲食店もあることを知っておく必要がある。
実際に上記のような被害にあって、
「クーポンはもうコリゴリ」
という客も結構いることを知っといた方がいい。

002
広告出しまくって荒稼ぎしてるしw 2011/2/28 12:02

まともな業者の方が多ければ利用したいが、現状はどうなのかなー…微妙

003
例えば、そもそも飲食店って宣伝しないと儲からない経営なの? 2011/2/28 13:07

>味には自信があるお~新しいお店との出会いの機会にもなります。
そんな都合の良いストーリーって今時有るのですかね?winwinの関係、お客も喜ぶ、お店もPR出来て嬉しい、そして運営側も場を提供などお手伝い出来て大変満足してます。そんな終わり良いプレゼンみたいな展開って、期待しちゃうけど、そんな事例なんてポンポン出てこないっスよね。
そもそも飲食店で「味には自信がある・・・」と店側が思うのは勝手な話。
お客が味を語るのは、値段に比べて旨いよねぇ~と感想を言うんじゃないか?たいたい、飲食店でクーポンなどで提供される、元の値段がちょっと高目なランクを使う時は、味以外に店の雰囲気やらのその場のパッケージで考えて、まぁこの位の値段は仕方ないねぇと考える時用ですもんね。

なので、宣伝費と考えるなら、もっと普段から利用している客に使え!!!

004
もちつけ 2011/2/28 15:28

>宣伝費と考えるなら、もっと普段から利用している客に使え!!!

宣伝費というのは、新規顧客の獲得に使うのだよ。

005
ちゃとら 2011/2/28 15:28

問題になったクーポンサイトは手数料でもうけるために店舗側のキャパシティ以上の数を売っていた。店の規模を考えればクーポン購入者にもある程度わかるはず。まずは、制限枚数をチェックし追加や変更があるようなものは怪しいと思ったほうがいい。

006
なんだかんだ 2011/2/28 23:24

販売促進費と広告宣伝費が、たぶんゴチャ混ぜになってる。

飲食店なら、どちらかと言えば、販売促進費的な使い方で、リピート回転率を上げたり、客単価アップ、グループでの来店などにしたほうが、効果的な使い方ではないかと・・・思う。
馴染み客の方が、新規客捕まえるより、楽じゃないかな。

007
餅つくのはどっちだろう 2011/3/ 1 10:47

飲食店が一見さんしか重視で新規顧客の方ばかり向いているとほぼ確実に失敗しますよ。
他地域展開や多角化しない限り、飲食店にとっての命綱は常連客です。

008
値引で得意客は増えない 2011/3/ 1 11:40

>宣伝費というのは、新規顧客の獲得に使うのだよ

つまりクーポンを出すお店は、常連さんを一見さんより大事にしないお店という事ですね、わかります

009
結局 2011/3/ 1 12:25

いい店はそもそもクーポンなんて必要ないよね

010
同じ金出すんだったら 2011/3/ 1 15:44

地域のフリーペーパーに○○円引きクーポンを掲載したほうがいいような気がするけどね。

011
良く見てから買おう 2011/3/ 1 16:56

もともと欲しかったものや、
言ってみたかった店のクーポンが出た事が有る。
買いましたし、満足いくものだったわ。
店は、丁重な客扱いで、クーポンなしでまた行きました。
もともとそういう使い方をするものなんだと思います。
年に一回しか使用しない物(問題になったおせちなど)だと、良かったとしても、また利用されるのは1年後だよね。
店の宣伝費とするにしてはかなり微妙だと思う。
 
まだ始まったばかりの形態のサービスだから、
悪いところは淘汰されていくでしょう。
それで良いところが残っていけばいいと思う。

012
今年最後の悪の華が 2011/3/ 2 12:08

悪徳クーポン業者の営業担当者は、「宣伝になりますよ」とか「リピーターが獲得できますよ」というデタラメを、これ以上口にしないでほしいですな
まあ、被害業者に悪徳クーポン商法の手口が周知されれば済むんでしょうがね

013
Dominguez 2011/3/ 4 00:13

クーポンビジネス自体に疑問を感じます。
クーポン会社のリスクは低いけど、お店は引き続きお客が来るかどうかはわからないから。
一時的にクーポンの手数料で儲けるだけじゃなく、お店のこともよく調べてクーポンで集客した後のこともアドバイスするとかもっとフォローすべきじゃないのか。
そもそも、半額になるようなクーポンなんて手数料も考えればお店にとっては6割とか7割引きみたいなもんだから継続するのは難しいし、1回行ったお客が口コミで何倍ものお客を増やせるとも思えない。
同じような会社が増えるのは簡単に参入できて儲かるからだと思うので、楽して儲けるのもほどほどにしてほしいと感じています。

014
クーポン嫌い 2011/3/ 6 11:00

例えばある飲食店
10000円のAコースがクーポンで5000円で販売。
当日クーポンの存在を知らずに来た常連のお客様は10000円のお支払い。
たまたまクーポン持ってきた一見さんは5000円のお支払い。
食べたものは同じ。
常連のお客様はどう思うだろうか?
特定の1日すべてのお客様がクーポン価格なら支持できるが、たまたま手に入れたクーポンで同じ内容を違う値段で提供するのはいかがなものか。
私はクーポンで異常な安値にしているお店には行きません。

015
しにすぎ 2011/3/19 01:10

僕はそもそも、クーポンとかポイントとか割引の類があまり好きじゃない
欲しい時に欲しい物を買うのが、長期的に見て最も良い消費行動と思う
欲しい時に割り引かれてれば、その値段で買えばいい
某金融日記の人みたいに、テレビ一台買うのに店頭でギリギリまで値切って、結局安い通販で買う、というような行動は時間と脳の無駄です
そういう人間は投資に向いてない

016
買うのは金券だけ 2011/3/23 13:45

クーポンサイトは金券を買うもの
そうすれば契約を反故にされる可能性は格段に減る

017
まいった 2011/3/28 17:37

飲食店を予約してクーポンですと言ったら?
明日は対応できないといわれました。
いつなら出来ますか?と聞いたら未定です
だって・・・明後日までしか東京にいられません。。。

018
通りすがり 2011/4/ 6 13:45

クーポンで食べに来るのは価格に敏感な客なので、
はっきり言ってリピーターにはなりませんよ。
それどころか「クーポンなしでは食べない」という客を増やすことにもつながり外食業界を縮める遠因にもなりかねません。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

リアルタイムウェブ-「なう」の時代 (マイコミ新書)
リアルタイムウェブ-「なう」の時代 (マイコミ新書)
  • 発売元: 毎日コミュニケーションズ
  • 価格: ¥ 872
  • 発売日: 2010/12/25
注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中