「私の月給、軽く超えてる!?」 活発化する「職場募金」

印刷

   被災地を支援する募金活動が、各所で続けられている。経済的な支援は一時的なものではなく、これから長期間にわたって行っていく必要がある。

   その点、日々過ごす職場での活動は、継続的な支援に向いていそうだ。ツイッター上には、「職場で募金活動を始めた」という投稿が相次いでいる。

「手作りケーキ」の売り上げを募金する人も

募金を一過性のブームに終わらせてはいけない
募金を一過性のブームに終わらせてはいけない

   東京・品川のDNPデジタルコムでは、会社と労働組合が共同で募金箱を設置。千葉亮太社長は、ツイッターで社員に対し「各職場に募金箱がありますので、ぜひ被災地へのご支援・ご協力をお願いします~」と呼びかけている。

   すでに募金を実施している他の職場からは、

「今回の地震はいろいろと思うところがあったので、真っ先にお札を入れておいたんですよ。そしたら後に続く人たちも何人かお札を入れてくれたみたいで、それなりの金額が集まりそうな予感」
「結構お札入ってた。小銭も多くてずっしり。合計金額、私の月給は軽く超えてるんじゃないかな。数えてないけど。皆気前いいな!」

など、活発に活動が行われている様子が投稿されている。中には、

「今さら募金を呼びかけているうちの職場って…」

と否定的に捉える人もいるが、経済支援は今後何年にもわたって必要になる。遅すぎることはないし、これからは「継続性」が重要だ。

   ロンドンに勤務するある女性は、手作りケーキと折り鶴を職場に並べ、売り上げを募金に回している。この方法であれば進んで募金する人も増えそうだ。日本の職場でもお茶菓子を置くなどの工夫をすると、金額も増えて長続きするのではないか。

   ただし、集めたお金の管理は重要だ。「職場で取りまとめてる義援金、お局の現金管理が杜撰なので出すのやめた!」という人もいる。信頼できる人が集めて、きちんと報告するルールを作ったほうがよいだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中