2019年 11月 20日 (水)

震災後の採用「人数に変更なし」92%は本当か

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   就職情報会社のディスコが、東日本大震災が新卒採用に与える影響についてアンケートを実施したところ、2012年度の採用人数は「当初の計画通りで変更なし」と答えた会社が92.2%にのぼったという。

   全国の主要企業938社から回答があった。震災の影響で採用人数を「減らす」と答えた会社は5.4%、「採用を取りやめる」と答えた会社は1.4%にとどまった。

油断できない?「卒業後3年新卒扱い」の影響も

計画を変えずに選考時に絞り込むかも
計画を変えずに選考時に絞り込むかも

   ただでさえ就活環境が厳しいのに、震災でさらに悪化してはたまらない。就活生には朗報と言える結果だ。

   しかし、キャリア教育プロデューサーの新田龍氏は、「9割超が計画通り」という数字がひとり歩きし、就活生が楽観的になってしまうことを危惧する。

「震災の影響は連鎖的に広がっており、経済見通しが暗い中で、企業が採用戦略を見直さないはずがありません。選考段階での審査基準を厳しくし、最終的に当初予定より少ない人数で選考を終わらせる企業が増える可能性があります」

   人事情報サイトのHRプロによる別の調査では、採用者数が予定より「1~2割減少する」と予想した会社は14.6%。「3割以上減少する」という回答も5.4%あった。調査後の余震や原発の状況もあり、経営計画をさらに修正する企業が出るかもしれない。

   震災とは別に、新田氏は「卒業後3年新卒扱い」の影響も大きいと指摘する。

「厳しかった2011年度就活の影響で、就職浪人や就職留年、フリーターなどをしながら就活を続けている人もいます。これにより、本来は50万人程度のはずの新卒就活生が、60万人から70万人程度にまで膨れ上がっている可能性もあります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中