「望みは捨てず、何度でもやり直す」 苦しくない働き方のポイント

印刷

   「苦しまない生き方」をするためには、欲を捨てればいい。しかし企業は欲を追求するシステムだから、苦しくなることがある。では、企業組織に属して利益を追求しながら、苦しまずに生きていくことはできないのか。

   経営コンサルタントで企業経営者の小倉広氏は、過去と相手は変えられないことを踏まえて、「望めども欲せず、こだわらず」という考え方に沿えば、苦しまない働き方に近づけると提唱している。

>>新書ちょっとだけ・記事一覧

「結果」ではなく「プロセス」に集中する

小倉広著『比べない生き方』
小倉広著『比べない生き方』

――失敗しても、こだわらずにやり通すことができれば、比べることで成り立つ企業社会でも、自分のペースで生きていくことができるようになります。
   たとえば、「営業は結果がすべてだ」と上司に言われても、「結果」にこだわるのではなく、「結果につながるプロセス」に集中するのです。そして、結果を「欲せず」「こだわらず」、未達成であったなら、すぐに再び「望め」ばいい。それこそが、上司が言うところの「結果にこだわる」につながるのです。
   こだわって努力しても、こだわらずに努力しても、一見同じように見えますが、こだわらない方が確実に心はラクです。だから、焦らず地道にできる。結局は、いい結果を残せる可能性が高くなるに違いありません。
   とはいっても、現実にはなかなか結果にこだわらないことはできません。また、結果にこだわらないで努力を継続することも、なかなかできないのが人間です。
   では、そうすれば「望めども欲せず、こだわらず」ができるようになるのでしょうか。
   その方法は、次の3つを実行していくことがポイントです。

(1) ダメな自分を好きになる、(2) 相手を変えようとしない、(3) 何度でもやり直す
   この3つの要素は、実はすべてつながっており、因果関係となっています。つまり、望みを持って何度でもやり直すことができると、現状ではダメなままでも、やがてダメな自分を許せる、好きになってきます。「仕方がない」と言って諦め、やめてしまったら、望みに近づくことはなくなってしまいます。
   望みは一過性の目標と違って、捨ててはいけないものです。100回、1000回、1万回でもやり直す。だから人は成長できるのです――

(小倉広著『比べない生き方』ベスト新書、106~107頁)


(会社ウォッチ編集部のひとこと)

自らの経験と、禅や論語、老荘思想などを組み合わせたユニークな仕事論。筆者によると、「望む」は100万歩先のゴールであり、こころざし。「欲する」とは手に入ったら嬉しく、手に入らなかったら苦しいものを指すという。上司から見れば、「部下に成長して一人前のプロフェッショナルになってもらいたい」が望みで、「自分の成功のために部下を思い通りに動かしたい」が欲。イチローも「自分が納得できるバッティング」というプロセスに焦点を当てているから、結果を出し続けられる。

比べない生き方 (ベスト新書 325)
比べない生き方 (ベスト新書 325)
  • 発売元: ベストセラーズ
  • 価格: ¥ 860
  • 発売日: 2011/04/09
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中