リアルタイムで「本」が作れる「BCCKS(ブックス)」の可能性

印刷

   紙はもちろんスマートフォンやタブレットPCも含めたマルチディバイスに対応する、日本発の電子書籍プロジェクト「BCCKS(ブックス)」。

   プロによる作品だけでなく、一般の人でも簡単に「本」をつくることができる、CGMコンテンツを提供するサイトの一つです。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

竹中直純氏が技術担当

フォントは業界大手の老舗が提供(BCCKSのサンプルデータより)
フォントは業界大手の老舗が提供(BCCKSのサンプルデータより)

   先日、BCCKSでつくられた「本」を読むことができるアプリの公開にあわせた説明会があり、雨がそぼ降るなかを行ってきました。

   正直、電子書籍といえば、愛想のないハードウエアの画面上に無機質なフォントがベターっと並んでいて、とりわけ和書ではとても読む気にならなかったというのが、個人的な印象です。

   そんなわけで、あまり期待せずに行ったのですが、技術面を竹中直純さんが担当しているということで、ひょっとしたらという思いもありました。

   知っている人はご存知だと思いますが、竹中さんは黎明期からずっと、ネットのなかでオリジナリティに富んだ面白いことが起きるところに必ずいるエンジニアなのです。

   結果から言えば、期待以上に面白いものでした。

   細かなことはBCCKSのサイトや、説明会(発表会と銘打っていましたが)当日の様子を報告したニュースサイトがあるので参照していただくとして、簡単に言えば…。

   なにしろ、スマートフォンやタブレットPCさえ手元にあれば、いつでもどこでも小説やルポ、それに写真集を「リアルの書籍のような美しいデザインとレイアウトで」つくることができ、またダウンロードして読むことができます。

本好きがスマホ欲しくなる

   フォントは業界大手の老舗が提供している「活字」にそっくりなものなので、電子書籍リーダーによくあるベターっとした「ブラウザやエディタで見るテキストデータ」のようなものではありません。

   誤解を恐れずにいえば、これまで馴染んできた「本」がとても上手くエミュレートされて画面上に表示されている、といった感じでしょうか。

   本好きとしては、これならスマートフォンかタブレットPCを買う理由にさえなると思ってしまったほどです。

   まだVer.0.1とのことで、これからさらなる機能の拡張が順次行われる予定だとか。

   たとえば、同人が集まるイベントに出品する作品も、そのイベントの様子を報告するルポも、イベントからインスパイアされた新たな作品も、どれもが「本」としてリアルタイムにつくられ、ダウンロードあるいは実際に簡易製本されて即時的に流通し、読まれ、さらなる刺激を与えて新たな作品を登場させる。

   そんなことが、いつ実際に起きてもおかしくない、そんな妄想をかきたてられました。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中