デートでNGな食べ物 20代女性「イカリング」のなぜ

印刷

   20代のビジネスパーソンを対象にしたコブスオンラインの「デートでNGな食べ物」ランキングには、男女の意識の微妙な違いが表れている。

   男性の1位は「ギョーザ」。問題は言わずもがな、そのニオイ。「食後のデートが気が気でなくなる」(22歳・食品)というのがNGの理由だ。

ニオイを気にする男性、まずは見た目の女性

「身の丈にあった食事」にしたいのだが
「身の丈にあった食事」にしたいのだが

   同じ理由で、2位には「ニンニク入りパスタ(ペペロンチーノ)」が入っている。いまどきの20代男性は、意外と神経を使っているようだ。

   ただし「まだ付き合いが短いうちはやめるべき」(22歳・不動産)という意見があるところを見ると、ある程度付き合いが進めば「ニオイよりも味優先」となるのかもしれない。

   ギョーザは女性でも4位に入っているが、それよりも上位だったのが「イカスミスパゲティ」(1位)と「ヤキソバ」(3位)だ。

   ホテルに勤める26歳女性は、以前友人が「イカスミスパゲティを食べながら笑った顔に衝撃」を受けた。それ以来、怖くて恋人の前では絶対食べられなくなったという。

   小売店に勤める23歳女性は、恋人となら何でも食べられるが、「食後に公共の面前でお歯黒をさらすわけにはいかない」。もしそうであれば、デートでNGではなく「外食一般でNG」になってしまうが、どうしたものか。

   ヤキソバは「歯に青のりがつく」おそれがあるのでNGだという。口をゆすいでもなかなか取れず、つまようじを使うのも恥ずかしい。「トイレにかけこんで必死に取った」(29歳・金融)というコメントもあった。

25歳「噛み切れないので頼まないで」

   唐突にも思えたのが、女性の5位にあがった「イカリング」。理由はなんと「噛み切れないから」。最悪の場合には、口から出すハメになる。医療関係に勤める25歳女性は「そういうものは頼まないで欲しいですね」とまで強く断っている。

   女性のトップ5には入っていなかったが、男性の4位には「高級フレンチ」がランクインしている。

「身の丈にあっていない食事は極力避けたい」(25歳・運輸)
「金額も高いし、マナーを気にして落ち着いて食べられないので」(23歳・福祉)
「堅苦しくてしんどい。疲れてしまってデートどころではない」(27歳・小売)

   ということで、男性がフレンチに難色を示しても、必ずしもケチというわけではなく、リラックスしてデートを楽しみたいと心から思っていることを、女性は理解してあげてもいいのではないか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中