2019年 11月 20日 (水)

「この仕事、私に向いていない」と思ってもやってみる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   最近、せっかく就職したのに「自分に向いている仕事は他にあるはず」と数年で辞めてしまう人が増えているそうです。

   日本はまだまだ豊かな社会ですし、自分の可能性を若いうちに模索するのは悪いことではないと思いますが、「この仕事、私に向いているのだろうか」と思っても、辞めずにやりつづけてみると、その過程でいろいろな可能性が見えてくることもあるものです。

前向きな人には、周囲も協力の手を差し伸べる

   若者が自分の仕事に悩みを持つ背景のひとつに、新卒の就職難があるかもしれません。漠然と望んでいた会社に入れずに、

「あの会社に入れていたら、こんな不満は抱かなかったはずだ」
「もし景気が少しよかったら、あのくらいの会社に入れていた」
「自分には本当に運がない、他人が恨めしい」

と思ってしまうのでしょう。しかし、大きな会社に入れたからといって、自分に向いている仕事に出会えるとは限りませんし、むしろ自分の意思より会社の都合が優先されてしまうことが多くなるでしょう。

   それよりも、この仕事は自分に向いていないと自分で決めつけず、任された仕事を「とりあえず前向きにやってみる」ことで、意外な方向に活路が開けることはよくあります。

   私は月刊誌の編集長時代に、経営者や芸術家・文化人など各界の成功者を数多く取材したことがありますが、彼らだって必ずしも「最初から自分が望んだ道だけを歩んできた」とは限りませんでした。

   英語が苦手なのに、北米での販路拡大を命じられた営業マン。鉱石の買い付けを任されて、資源開発の勉強を一から始めた商社マン。中小企業経営者との付き合い方に戸惑ってばかりいた銀行マン。駆け出し時代に変わり者の編集者にダメ出しばかりされた小説家。みんな最初は「この仕事、自分に本当に向いているのか」と疑問に思ったといいます。

   取引先の担当が「本当はこんな仕事やりたくない」とイヤイヤやっていることを知ったら、安心して取引できますか?それよりも「この仕事には意義があるし、自分にも向いています」と前向きに取り組む人から商品を購入したいものです。

   そのほうが周囲も気持ちがいいし、最善の努力をして協力しようと思うものです。「頑張れ」と応援したくもなるし、「自分も前向きに頑張ろう」と共感するものです。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中