彼氏とのハワイ旅行が中止に? 会社の夏休みが決まらない

印刷

   出版系の個人事務所で、編集アシスタントとして働くsyon_syon135さん。Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談を持ちかけています。学生時代からバックパッカーとして世界を飛び回る、自称「野猿のような」質問者さんは、今年の夏、彼氏といっしょにハワイに行こうと計画していました。

   しかし、以前より8月5日から夏休みにすると匂わせていた社長は、1日になってもハッキリした日程を出してきません。そこで探りを入れてみたところ、

「新人が休みのことに口を出すなんて」
「休みというのは、成果を出して初めてもらえるものだ」

などと言われてしまい、まだ非力な質問者さんはそれ以上なにも言い出すことができませんでした。

電話にも出てくれず――「別れたくない」

   実は質問者さん、ここで働き始めたのは今春から。古くさい考えの職場だと不満に思いつつ、自分が独り立ちするには踏ん張りどころという考えも頭に浮かびます。しかし彼氏にとっては初の海外旅行。「休みは決まったか」というメールを頻繁に送ってきます。

   彼氏の要求と、なだれ込む仕事との挟み撃ちになり、こころに余裕がなくなった質問者さんは、ある日、彼氏に冷たく接してしまったそうです。するとマメだった彼氏からの連絡が途絶え、電話にも出てくれなくなってしまいました。

   こんなことで別れたくない。仲直りする方法はないものか――。そう悩む質問者さんに、「考え方は2つある」とアドバイスをする人がいました。

「1つは別れる。もう1つは別れないです。そして、その判断を決めるのは、仕事を優先するか、恋愛や大切な人を優先するかにあると思います」(fr051017さん)

   ただ、仕事と恋愛を両立させる方法がないとは限りません。感情的になり、捨てなくてもいいものを捨てる必要はないでしょう。kyonekoさんは、彼氏に実情を話してなんとか調整してはと助言します。

「職場も彼もまったく理解がないのですね。そしてあなたは説得することもできない。仕事も大事ですけど、基本的な人との折衝がどうなのかなと」

   質問者さんも「職場と自分と彼とをうまくコントロールできていれば、避けられた事態であるように思いました」と反省しています。

「働きマン」でも読んで、元気だせ!?

   一方、自分の夢を大事にして、彼氏も職場の状況を理解すべき、という人がいました。3hotsugarさんは、2つの有名な作品を見ることを勧めています。

   ひとつめは「プラダを着た悪魔」のDVD。大学を卒業しジャーナリストを目指してNYにやってきたアンディが、ふとしたことから一流ファッション誌のカリスマ編集長のアシスタントになったことから始まるドラマです。

   世界中の女性たちの憧れの仕事に就いたものの、横暴な編集長からの要求は厳しく、私生活は吹っ飛んでしまいます。約束していた彼氏の誕生日は祝えず、仲の良かった友だちとの関係が険悪になってしまったシーンもありました。

   もうひとつの作品は「働きマン」というコミック。28歳独身女性の松方弘子が、週刊誌の編集部で上司や同僚とぶつかったり、彼氏とすれちがったりしながら、寝食を忘れて仕事をする設定です。

   いずれもモーレツに働く女性の魅力を賞賛(?)したもの。もしかすると回答者さんも女性で、同じような悩みを通過したことがあるのかもしれません。

「そんな理解のない相手じゃ、遅かれ早かれ、別れが近いと思うのですが。あなたの仕事なり、新人って立場なり、夢や目標なり、会社の体質なりを分かってくれる人じゃないと、仕事とプライベートの両立にはならないと思いますよ」

   さて、すでにハワイへの出発日は過ぎています。無事に旅立てたのでしょうか。それとも、「働きマン」への道を歩むことを決意したのでしょうか?

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 価格: ¥ 991
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中