入省8年目、国家公務員を辞めたい 「カフェで働きたいの!」

印刷

   いま人気ナンバーワンの就職先といえば、大手企業を抑えて「公務員」がトップに。倒産もなければリストラもない、安定した雇用と給与が確保されている上に、家族や親戚にとっても鼻が高いようです。

   そんな人気の職業に就きながら、働き続けるべきかどうか悩む女性からの相談が、Q&AサイトのOKWaveに掲載されています。「国家公務員を辞めてしまいたい」

「花屋さんでもアロマ屋さんでもいい」

   質問者のsunny5555さんは、入省8年目の国家公務員。30歳の女性です。「親が許してくれなかった」のと、安定を求めるという理由で選んだ就職先でした。

   しかし、本当は公務員の仕事に何の興味もなく、「不純な動機」で選んだせいか、仕事へのやる気も出ません。最近になって、毎月のお給料とボーナスのためだけに一日の大半を苦痛で過ごす人生に、疑問を感じるようになってきました。

   本当は「カフェで働きたい」。しかし、この年で転職なんて甘いのか――。なんとも世間知らずなお嬢様らしい相談ですが、回答者からは呆れつつも温かい助言が寄せられています。

「本当にカフェで働きたいのですか? これは仕事に疲れたオヤジがよく言う『南の島にでも行きたいなあ』というセリフと同列に見えます」(nama777さん)

   いざ南の島へ移住したら、電気もガスもなくコンビニもネオン街もない場所に耐えかねて、3日で都会が恋しくなり逃げ帰ってくると相場は決まっている――。質問者さんも、

「確かにカフェでなくてもいいんです。自分の好きなことだったら、花屋さんでもいいし、アロマ屋さんでもいんです。周りの友達には公務員がいなくて、そんな風に好きなバイトをしている人が多いので、うらやましくなったのかもしれません」

   そんなやりとりを見たponta1971さんは、「納税者からすれば腹立たしい。・・・苦痛なんだから公務員を続けるメリットは何もありません」とチクリ。質問者さんは「すみません。自分のお給料が税金でまかなわれていることを、もっと意識しようと思います」と反省の弁を書き込んでいます。

「働く意義は、生きるため」に涙

   食品工場で働くwakutakuさんは、自分の境遇を明かしてアドバイスしています。

「私も望んで今の職場に就職したわけではありません。しかし生きるため働いています。家賃や食費ももちろんですが、趣味のためにも働いています。働くモチベーションは、生きるためで十分じゃないでしょうか」

   この回答を読んだ質問者さんからは、「涙が出てきました。働くモチベーションは生きるためで十分…。いい言葉ですね。それでいいんですよね」とお礼のコメントが。「明日からまた頑張って働けそうです!」

   どうやら質問者さんが付き合っている彼は、いま飲食店で働いており、将来は自分の店を持とうと頑張っているよう。そんな様子を見て、「私も大好きな彼といっしょに、カフェで働きたい!」と思ってしまったのかもしれません。

「今、ある程度ゆとりのある生活ができているので、そのありがたみを忘れかけていました。カフェは、大好きな趣味としていこうと思います」

   結局、国家公務員を辞める、という考えをあらためたそうです。どうせ続けるなら国民のために、ぜひしっかり働いてもらいたいものですね。

古賀茂明:日本中枢の崩壊
古賀茂明:日本中枢の崩壊
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2011/05/20
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中