2018年 12月 12日 (水)

自社が思う「強み」 本当は「弱み」かもしれない

印刷

   よく「当社の強みは○○です」という自信満々な言い方を聞きますが、他人から見ると首を傾げたくなるときもあります。「強み」とは、お客から見た価値のこと。自分で思い込んでいるほど強みではないかもしれません。

   競争相手や環境の変化によっても、強みは変わるし、いつしか思い込みが「弱み」になっていることも。自分たちの強みは本当にいまでも有効なのか、常に疑いを持っているくらいの方がよいでしょう。

「技術志向」の風土が営業の足かせに

自社の技術に精通していることはいいのだが
自社の技術に精通していることはいいのだが

   あるメーカーから相談を受けたときのことです。オーダーメイドの効率化機器を製造・販売しているこの会社は、日本の製造業らしくトップや経営陣が技術畑の出身者で、「技術力の高さ」を売りにしていました。

   営業マンたちも技術に精通している人たちばかりでしたが、なぜか営業成績が思うように伸びず、担当役員から「お客さまへのプレゼンのやり方などの改善指導をして欲しい」と要請を受けました。

   営業マンが自社の製品に詳しくないと悩む会社は多いのですが、この会社はそういう問題はありません。しかし、ヒアリングを進めるうちに「技術志向」の風土が有効な活動の足かせになっていることが見えてきました。

(1) 営業マンたちは、ニーズを想定してお客ごとにカスタマイズした「プレゼン資料」を作成するのに多くの時間を費やしていた
(2) 客先では、プレゼン資料に沿って説明を進め、最後に「何か質問はありませんか?」と尋ねるスタイルだった

   このようなやり方ですから、当然ながら営業マンの訪問件数は極めて少ないわけです。また、実際にシートを使ったプレゼンをしてもらったところ、自社の技術や応用商品をとくとくと一方的に説明するだけで、顧客との対話が乏しい状態でした。

   そこで私たちは、担当役員に対し「営業マンによるプレゼン資料の作成を、原則全廃しましょう」と切り出しました。それに伴い営業のやり方も、汎用ツールを中心とした「顧客との対話」に切り替えるよう提案しました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。執筆にあたり若手ビジネスマンを中心に仕事中の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中