借金返さぬ20代男性 「ケータイでゲームしすぎちゃってさ~」

印刷

   私は就職氷河期に、新卒でカード会社に入社しました。そして、それまで聞いたこともない「督促」という仕事をするコールセンターに配属されました。そこで目の当たりにしたのは、驚くような理由で支払いを拒むお客さまの姿でした。

「お金、ないんですよね~。今月、ケータイ代、5万かかっちゃって」
「ええっ!? でも今日入るお給料で必ずお支払いいただけるというので、1か月お待ちしていたんですけれども…」
「ないものは、ないんですよね~」

10円単位の支払いを「取りに来い!」というお客も

「借りたものは返すのが当たり前」。そんな風に考えていた時期が私にもありました(イラスト:N本)
「借りたものは返すのが当たり前」。そんな風に考えていた時期が私にもありました(イラスト:N本)

   ケータイでゲームしすぎちゃってさ~、と半笑いで話すのは20代前半の男性。テレビゲームをしているらしく、電話の向こうからは一昔前に流行ったRPGの戦闘音楽が聞こえてきます。

(先月、あんなにしつこく言ったのに。この給料日を逃したら、もう回収の締め日に間に合わない!)

   私は頭を抱えてしまいました。自分が借りたお金なのに、どうしてこうも簡単に考えられるんだろう。信頼を失うことの怖さを、どうしてわかってくれないんだろう。

   「借りたものは返すのが当たり前」――。この仕事に就くまで、そんな風に考えていた時期が私にもありました。しかし世の中には、それを当たり前と思わない人がいるのです。

「入金しようとコンビニに行ったら、お腹が空いてお菓子を買っちゃったので今日は払えません」

と堂々と電話してくるお客さま。10円単位の支払いを、

「家まで取りに来いよ。来なければ払わないぞ!」

と遠く離れた地方まで呼びつけるお客さま。

   もちろん、切実な経済的理由で支払いができないお客さまもいらっしゃいます。でも悲しいことに、自分は使ってやっているんだ、お前らは入金を待ってればいいんだよ!と私たちを怒鳴りつけ、お金があるのに支払いを拒むお客さまも中にはいらっしゃいます。

「お金を払わなかったら、怖いお兄さんが家まで来るんでしょ?」

と聞かれることがありますが、実際はそんなことはありません。とりあえず入金をお願いする督促の電話と手紙が来るだけです。他人から100万円を盗めば逮捕されますが、100万円を借りて1円も返さなくても、すぐに捕まるわけではありません。

督促はお客さまの「信用」を守る仕事

   では、借りたお金を返さなかったらどうなるのか。まずは一定期間、新たにお金を借りられなくなります。支払いの延滞情報が信用情報機関に記録され、それが消えるまではどこのクレジットカードやキャッシングも利用できなくなります。

(本当に困った時にお金が借りられなかったら、大変なことになるのに!)

   支払いを真剣に考えないお客さまを見るたびに、私は焦燥感を覚えます。ゲームをしながら督促の電話を聞き流す男性が本当の窮地に立たされた時、助けになってくれる人はきっと少ないでしょう。

   ささいな事で信用情報を悪化させ、本当に困った時にお金を借りられず途方に暮れる人々をたくさん見てきました。けれどお客さまの多くは、本当に困った時に必要な「信用」を維持するお金より、いまを楽しむケータイゲームを優先させてしまうのです。

「お客さま、お支払いをしていただけないでしょうか。ご入金をいただけないと、お客様の信用が損なわれる可能性があります!!」

   督促は、お客さまの信用を守る仕事。どんなに嫌がられても、お客様が本当に困ってしまうことのないようにと願いながら、今日も電話をかけています。私が叫ぶように訴えると、お客さまのコントローラーを操作する指が、ほんの少しだけ止まった気がしました。

N本(えぬもと)

>>債権回収OLのトホホな日常・記事一覧

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中