就活に「オトコと付き合った経験」なんて関係あるの?

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のico_さんは、就職活動を控える女子学生。技術職など理系の仕事を希望しています。

   ひとつ気になるのが、これまでに男性との交際経験がないこと。「面接では恋人がいたことがあるか聞かれる」「恋愛経験がある方が就職に有利」などというウワサ話を聞くたびに、心配になってしまいます。

実際に面接で尋ねられた女性もいて…

   理系職志望の女性というだけで不安なのに、恋愛経験もないとなると、「かなりの不利」になってしまうのか。「就職の前に、恋人ができないことを心配しろ、と言われるかもしれませんが…、今回は就活に絞って回答お願いします」

   これには回答者から「そんなの関係ない」と慰める声が相次ぎました。中小企業を経営するyana1945さんは、

「業務のスキル、入社動機に関係ない個人の生活を聞く企業があるのですか? そこは入社を辞めなさい」

と言い切ります。とはいえ、実際にそういう会社に遭遇したわけではなく、質問者さんの取り越し苦労ではあるのですが。DJ-Potatoさんも、「ともすればセクハラとなる質問なので、あまり面接では問われない内容だと思います」と、首を傾げます。

   一方、就活経験のあるporquinhaさん(女性)は、面接で「付き合ってる人はいるの?」と聞かれたことがあるのだそうです。しかし、「結婚してすぐ辞めるんじゃないか」と心配しているのではと思い、あまり気にしませんでした。

「『お付き合いしている人はおりません。それに、もし結婚をしても仕事を続けるつもりです。御社で成長していきたいと思います』などと答えればいいのではないでしょうか」

   しかし、セクハラと疑われても仕方のない質問を、そんなに多くの会社が投げかけるものでしょうか。社会人2年目のAさん(女性)によると、自分が学生のころ「就職セミナーの講師から、就職と恋人の話を聞いたことがある」のだそうです。

就活セミナーで「モテない講師」が主張

   Aさんは、都内の有名私立大卒。友人に誘われて、大学2年の秋ごろから「就職サークル」のようなところに入りました。そして、大手メーカーや人材系の会社に勤める大学OBなどの「先輩たち」が開催するセミナーをよく聞いたのだそうです。

「セミナーでは、就活の心構えの中で、『リア充(リアルな生活が充足している人)の方が、コミュ力(コミュニケーション能力)が高いから有利』という話をしていました。彼氏や彼女のいる人の方が、コミュ力が磨かれているということでしたね」

   ちょっとマユツバな内容ですが、学生から見れば「未知の世界」に住む人の話だし、講師の先輩社会人も「君たちはまだ学生だから分からないだろうけど」「社会に出ればわかること」などともっともらしく話をするので、騙されてしまったというわけです。

   今となっては「恋人の有無なんて就職にまったく関係ないし、講師もモテなさそうな冴えないオトコだった」と振り返っています。そんな話をエサに、女子大生と付き合おうとしていたのか――。もしそうだったらケシカラン話ですね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中