iPhone4S入手顛末記(上) アンドロイドからの移行に注意

印刷

   先週の日曜日、iPhone4Sを入手しました。当初からガラケーと2個持ちと決めていたとはいえ、auのiidaG11との使い分けがうまくできず、自慢の32GBメモリもほとんど埋まらないままです。

   2個持ちにしたのには理由があります。1つは、仕事柄、電話でのコメントや取材が多いこと。いろいろと聞いてみたり、経験した中では、スマートフォンは声が途切れ途切れになったり、遠い感じで聞こえたりと、音声の品質があまり良くない印象があったのです。

満を持して買ってはみたものの…

ガラケー派の井上氏がついに…
ガラケー派の井上氏がついに…

   テレビやラジオの生放送でのコメントが日常的にある中では、通話品質に不安があるというのは、大きなネガティヴファクターとなり得ます。また、私の性格的なものも含めて、ひょっとしたらじきに使わなくなる可能性もあると思っていました。なにしろ、モバイルゲームは一切やらないし、音楽も外では聴きません。

「え? 仕事のメモとか備忘録とか、スマホで付けないの?」

   そう訊ねてきたのは、友人の営業マンAさん(40代男性)。しかし、電話での取材や情報交換の時、スマートフォンにメモをするのは容易ではありません。「現役閣僚と反社会勢力との親密な関係を告発した怪文書が出回りはじめた、その要旨は…」などと、あの小さなキーボードで会話のテンポを損なわずに素早く打つのは、どちらかの手が通話で塞がっていることもあって、かなり難しい。

   平仮名で打とうにも、「げねきかくりようとはんしやかいせいりよく」となる箇所が必ず出てきて、後から打ち直す二度手間をかけなければ、自分でもワケがわからなくなってしまいます。だったら、最初から手書きで手帳やノートに書いた方がいい。手元の箸袋やコンビニのレシートにでも書いて、後で手帳やノートに貼り付ければいいだけなのです。

   ガラケーでスケジュール管理をしてみたこともありましたが、取材結果やメモ、打ち合わせ等とスケジュールを記録する「媒体」は、デジタルかアナログかも含めて一つにしておいた方が何かと便利なので、左側にカレンダー、右側に余白のある手帳を手放すことはできませんでした。

MacとWindowsの互換性問題ふたたび

「ふーん。オレなんて、タスクと締切日、営業スケジュール、メモ、ぜんぶスマホに入力するようにしてから、手帳を持たなくなりましたよ。アドレス帳から何からオールインワンですから、これほど便利なものはないです。それだけに落としたりなくしたりが怖いですけど、GPSで探せますし。手帳はGPSで探せないでしょう?」

   一昨年にアンドロイドのスマートフォンを入手して以来のスマホユーザーであるAさんは、自慢げに言います。しかし、A5サイズの手帳を落としたり忘れることは、まずありません。落としたら音がするなど体感して気づくし、会議や取材で手帳やノートをテーブルに忘れて帰った人など、見たことないし…。

   そんなAさんでしたが、冷やかしのつもりで入ったショップでiPhone4Sに一目惚れ。ちょうど2年縛りが切れることもあり、「後先を考えずに」乗り換えました。入手したのは、奇しくも同じく先週の日曜日だったそうです。ところが、さっそく困ったことが。

「アンドロイドに入ってるアドレス帳やスケジュールを、iPhoneに即転送することができないわけです。Macを介せば転送できるけど、会社には持っていってないし。結局その日はアンドロイドを見ながらiPhoneで電話やメールをしました。しかし、家に帰ってからの移行作業が、これまた大変で」

   Aさん曰く、アンドロイドのアドレス帳をiTunesに同期させただけでは、文字化けが酷くて使い物にならなかったのだとか。ようやく上手くいったのが、いったん「メモ」にアドレス帳の中身を貼り付け、その後iPhoneとiTunesを同期しなおしてコピーするやり方でした。

「ところが、このやり方だと、なぜかiPhoneに移した時、名→姓で表記されるんです。これじゃ使えないので、いちいち姓→名に直しましたよ。それで、すんげー時間かかっちゃった(笑)」

   アンドロイドはおろか、iPhone4Sですら使い込んでいない身では、文字化けはともかく、姓名の順がどういう理由で逆になるのか想像もつきません。しかし、かつてのMacOSとWindowsのように、とてもメンドクサイ互換性のなさがAndroidOSとiOSとの間にあることはわかりました。ひとつ勉強になりました。


井上トシユキ

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中