彼氏にクレジットカードを渡す20代女子 「え、そんなに払えない…」

印刷

   「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉がありますが、お金でつなぎ止めなければいけない縁なんて、本当にあるんでしょうか――。そんなふうに考えさせられる事がありました。

「エヌモトと申しますが、○○様でいらっしゃいますか?」
「はい、そうですけど…」

   ある日、電話をかけた20代前半の女性のお客さま。お支払いの件で、と申し上げると、「え、いくらですか?」と硬い声で聴き返してきました。

なぜかキャバクラや高級焼肉店での利用履歴が

お金でつなぎ止める縁って…(イラスト:N本)
お金でつなぎ止める縁って…(イラスト:N本)

   「今回の請求金額は14万円ほどになっていますが…」。額を申し上げると、すかさず大きなため息が聞こえました。

「そんなに払えないんで、リボ払いにしてもらえますか?」

   カード会社によって異なりますが、一括払いで買った商品を、後からリボルビング払いという分割払いに変更できる場合があります。私は支払方法を変更するために、お客様の購入した商品をチェックし始めました。

(あれ…?)

   利用履歴を見ているうちに、なんだかおかしいと感じ始めました。キャバクラと思われる飲食店だったり、同じ日に高級焼肉店で2万円以上も食事をしていたり、およそ20歳そこそこの女性には不似合いな場所でカードを使っているのです。

   「えっと、お客さま。失礼ですが、今クレジットカードはお手元にございますか?」。恐る恐る尋ねてみると、しばらくの沈黙の後、

「カードは、彼氏が持ってるんですよね」

   ああやっぱり…。他人にカードを譲渡することや、他人にカードを使わせる行為は「名義貸し」と呼ばれ、契約時に禁止されています。そして、カードを使っているのが他人でも、支払い義務は当然ながら契約者本人に課されます。

   カードは、限度額の50万円いっぱいまで使われていました。この金額はこれからこの女性が支払っていくことになりますが、このうちのどれくらいを、彼氏が使ってしまったのでしょうか。

「カードだけは止めないで!」と拒む人も

   よく、名義貸しをしているお客さまで「俺が使ってんじゃない!××にカードを貸してるんだ!そっちに督促してくれよ!」と言って支払いを拒まれる方がいます。こういった方から回収をするのはなかなか難しいのですが、支払いを拒めば信用情報が悪化し、契約者本人が不利益を被ってしまうのです。

「カードを他の人に渡されているということは、契約違反になりますので、この場でお客さまのカードは止めさせていただきます。よろしいですか?」

   彼氏や夫に名義貸しをしている女性は、こういった時、カードが止まって相手に怒られるのを恐れて「それだけはやめて!」と拒まれる方が多いので、私は内心ドキドキしていました。しかし彼女は一瞬、電話の奥で押し黙った後、

「わかりました、止めて下さい」

とあっさりと了承してくれました。

   (こんなに若い女の子なのに、彼氏の借金を背負わなきゃいけないなんて…) 私は複雑な気持ちで処理を行いました。彼女がすぐに決断してくれたのは、カードが限度額いっぱいまで使われてしまったからなのか、それとも他にもカードを渡してあるからなのか。

   カードが止まることで「こんな関係はやめよう」、そう決断してくれていたら嬉しいんだけどなぁ。まったく余計なお世話ですが、そんなことを思った出来事でした。

N本(えぬもと)

>>債権回収OLのトホホな日常・記事一覧

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中