寿司、焼肉など100万円以上 部下に昼飯たかった上司ら停職

印刷

   2012年4月に政令指定都市となる熊本市で、出先機関で働く49歳の男性係長と47歳の技術参与に、停職6か月の懲戒処分を下された。理由は、新人職員に対する悪質なパワーハラスメントだ。

   入職以来2年半にわたり、ほぼ毎日30分から1時間の正座をさせ、「お前の仕事の尻拭いをしてやった」などと言いがかりをつけて、寿司や焼肉、うなぎなど計100万円以上の昼食代をおごらせていた。

所長も正座を目撃「指導熱心だと思った」

部下に焼肉をおごらせる上司、便乗する先輩、見て見ぬふりをする所長…
部下に焼肉をおごらせる上司、便乗する先輩、見て見ぬふりをする所長…

   今年に入ってからは夜の宴会代も支払わせており、新人職員は11月からメンタルヘルス不全で休職している。上司である係長に書類の決裁をしてもらえないといった、仕事上の嫌がらせもあったようだ。

   2人は市の調査に対し、当初は「自分たちもそう指導されてきた」と言い訳をしていたが、その後「やりすぎた」と認めたという。このニュースには、若いネットユーザーを中心に強い批判の声があがった。

「パワハラ?恐喝の間違いだろ」
「停職じゃなくてクビだよな」

   特に、すべての職員が正座を目撃している点や、正座をしている間は「他の職員に怪しまれないよう笑顔でいることを強要した」点、市の調べに対して上司である所長が「指導熱心だと思った」とコメントした点には、怒りが噴出している。

「この2人以外も全員共犯で懲戒レベル」
「部下を怖がり注意もできずに所長とは情けなさすぎる」

   6か月で職場復帰ができるなら甘いものかと思うが、ある市の職員によると地方公務員にとって相当に重い処分であり、「事実上の退職勧奨」ではないかという。退職金が支払われるかどうかは不明だ。

   懲戒免職には、多額の横領でもしないかぎりならないようだが、将来ある市の人材を長期間にわたっていじめ倒し、休職に追い込んだことは、ある意味で「貴重な市の財産」を損なったという見方もできる。「ヨーロッパなら1回でクビ」「損害賠償は億だな」という人もいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中