2020年 9月 25日 (金)

リア充たちが潜伏する「合格者コミュ」「内定者コミュ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大学入試の季節です。去年は京大で不正入試をやらかそうとした受験生がいて、筆者もバタバタしていたことを思い出します。

「試験会場で“ITを駆使”しようとしたのは、去年の彼が初めてかもしれませんが、合格発表後のIT化は以前から進んでいたんですよ」

   学生動向に詳しいライターのAさんが言いました。

入学式が「第1回オフ会」に

   合格発表後のIT化というと、通知がメールで来るとか入学手続きがネットでできるとか、そういうことなのでしょうか。

「いやいや、学生の方です。SNSが一般化して以降、合格者の誰かがコミュニティをつくって、そこで入学前に交流するのが当たり前になってるんですよ」

   言われてみれば、受験生どうしが高校や予備校での友人、知人というケースは多々あるでしょう。○○大学☓☓学部合格者で集まろうと呼びかけるのも、ワケないことです。

   もちろん、全員が全員集まるというわけでもないそうですが、なかにはとても仲良くなり、ものすごく盛り上がるコミュニティも珍しくはないのだとか。

「兄弟姉妹やその友人などからゼミや一般教養の情報を聞いてきて、お互いに情報交換するなんて朝飯前。サークルやバイト先の情報もあったりして、大学の裏オリエンテーションみたいになっていますよ」

   生きた情報そのものが流通しているわけですから、学生にとっても役に立つし、面白いはず。そりゃあ、盛り上がるのでしょう。

   ハンドルネームはおろか、ある程度の個人情報も公開しあうのですから、会ったことがない者どうしでも関係は密にならざるを得ません。

「さんざんSNSのコミュニティで盛り上がってるもんだから、入学式が第1回のオフ会になっちゃう(笑)。初見なのに、互いにハンドルネームやSNS内で付いたあだ名で親しげに呼び合ってね」

   事情を知らない新入生や上級生は、ポカンとするしか仕方ありません。

井上トシユキ
1964年、京都市出身。同志社大学文学部卒業(1989)。会社員を経て、1998年よりジャーナリスト、ライター。東海テレビ「ぴーかんテレビ」金曜日コメンテーター。著書は「カネと野望のインターネット10年史 IT革命の裏を紐解く」(扶桑社新書)、「2ちゃんねる宣言 挑発するメディア」(文藝春秋)など。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中