報道番組の「プロレス志向」 このまま続けていいのか

印刷

   「朝まで生テレビ!」から「日曜討論」、「報道ステーション」のようなニュース番組では、しばしば立場の違う人同士が集められ、対決させられる。最近、このジャンルにおいて、橋下徹さんというムチャクチャ強力なキャラが出現し、対決した相手をコテンパンに叩きのめし続けている。

   つい先日も、北大の山口二郎センセイが報ステで、ほとんど一方的にどつきまわされていたわけだが、見ていてふと感じたことがある。これは四角いジャングルなんだな、ということだ。

安易な両論併記で「面白い絵」のみ追求

   みんながそうだとは言わないけれども、テレビや雑誌といった大衆向けメディアの作り手の中には、何かを伝えたいのではなく、どうやったら面白い絵になるか、という点のみで企画している人たちがいる。バラエティはそれでいいと思うが、報道関係の作り手の中にも、実はそういう人は少なくない。

   筆者自身、以前にある報道番組で、あまりにもかみ合わない相手と議論させられた際に、いったいあなた自身はどういう意見を持っているのかとプロデューサーに質問したところ、「わかりません」と素で返されて面食らったことがある。

   少なくとも彼には伝えるべきメッセージなど何もなく、番組がそれらしく見えればそれでよかったのだろう。

   この場合のそれらしく、というのは、立場の違う人同士を出演させておけば、報道機関としての「中立的」なスタンスが装えるという意味だ。決して政策的なバランスとか実現可能性とか、まして専門家や学界における評価などを鑑みた上での「中立」というわけではない。

   とりあえず流行ってる人(この場合は橋下さん)を連れてきて、とりあえずそれを批判している人たち(山口二郎とか香山リカとか内田なんとか)も、言ってることが正しいかは抜きにして並べといて「ほら、俺って立派な両論併記」と斜に構えている部分が、テレビや週刊誌には少なからずある。

   極論すると、一方がダイヤモンドであったとしても、片方はそこらへんに転がっている石っころを拾ってきて並べただけかもしれない。

「識者」を持ち上げてきたメディアの責任もある

   言葉は悪いかもしれないが、あれだけ散々人を批判しておいて、(論者によっては)本まで出しておきながら、いざ面と向き合ったらマトモな対案一つ持ち合わせないような人たちは、はっきりいえば石っころだろう。

   そういう石っころを有り難がってひな壇に並べ、電波を垂れ流してきたメディアは、石っころが石っころだと見抜けないほどレベルが低かったというわけだ。

   橋下氏は、恐らくそういった構図を理解した上で、確実に勝てるとふんだ相手を四角いジャングルの上で公開処刑しているのだろう。少なくとも現在、氏を批判している論者の中で石っころでない人(政策的に議論できる人)は見当たらないので、氏の無敵状態は当分の間続くはずだ。

   テレビ的にもそれはなかなか魅力的なコンテンツに違いない。なにせ、大学教授の肩書の上にふんぞりかえったヒールが、無様に叩きのめされる殺人ショーだから。

   ただ、そのヒールを今日まで育ててきたのはメディア自身だ。橋下氏の連勝が続けば続くほど、テレビや週刊誌が辛うじて維持していた報道機関としての権威は、ますます低下し続けるだろう。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
城繁幸ほか:世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)
城繁幸ほか:世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)
  • 発売元: PHP研究所
  • 価格: ¥ 756
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中