2019年 11月 21日 (木)

会社を辞めないが頑張りもしない「新・ぶらさがり社員」とは?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   50代以上は「老害」、40代は「バブル」、20代は「ゆとり」――。そんなレッテルを貼って他の世代を批判する30代にも、他の世代を超えるような「危機」が迫っているという指摘がある。

   企業に人材育成プログラムを提供するシェイク代表の吉田実氏は、1980年前後生まれの会社員の特徴を「新・ぶらさがり社員」と表現している。彼らは会社を辞めないが、かといって頑張りもせず会社にぶら下がっているので、ここに手をつけないと「会社の将来が危なくなる」というのだ。

昇進の意欲低く、私生活優先を崩さない

いまどきの「30歳の危機」を指摘した『「新・ぶら下がり社員」症候群』
いまどきの「30歳の危機」を指摘した『「新・ぶら下がり社員」症候群』

   シェイクが2010年に実施した調査によると、「仕事を通じて実現したい夢や目標はありますか?」という問いに対し、「ない」「あまりない」と答えた人が最も多かったのは、社会人7~9年目の社員たちだった(32.2%)。

   また、「現在の自分の業務は、会社の中で重要な役割を担っていますか?」という問いに「そう思う」「ややそう思う」と答えた人が最も少なかったのも同じ層(37.4%)で、1~3年目の社員(41.9%)を下回ったという。

   会社からの要求が厳しくなる年代という要素が影響している可能性もあるが、吉田氏は少し違う見方をする。

「いまの30歳前後に『新・ぶら下がり社員』と言うべき特徴を持った層が多くいます。彼らは自分を諦め、組織を諦め、未来を諦めている。ここを刺激しないと、会社の未来は暗いと思いますよ」

   仕事のやる気は70%主義で、昇進や転職への意欲も低い。社会人として自立し価値を発揮して会社に貢献する年代なのに、プライベート最優先を譲ろうとしない。

   いつの時代にも不まじめな社員はいたと思われるが、彼らが違うのは「いいかげんではなく、むしろまじめ」で、与えられた仕事はこなし遅刻やサボリもしないこと。その代わり、自分で仕事のハードルを上げて挑戦せず、受身の姿勢を崩さないのだという。

   吉田氏が作成したチェックポイントには、「覇気がない」「言い訳ばかりする」「人から言われた仕事しかしない」「部下や後輩を育成しようとしない」「会社批判ばかりする」など10項目が並んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
吉田実:「新・ぶら下がり社員」症候群
吉田実:「新・ぶら下がり社員」症候群
  • 発売元: 東洋経済新報社
  • 価格: ¥ 1,575
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中