「女だらけの職場」で怖そうなこと トップ3は「派閥」「おつぼね」「うわべの付き合い」

印刷

   20代ビジネスパーソン向けサイト、コブスオンラインの「女だらけの職場で怖そうなこと」ランキングによると、男性回答者のトップ3は「おつぼねがいる」「派閥がある」「うわべは仲よさそうだけど、裏ではいろいろ言っていそう」だったそうだ。

   女性のトップ3も同じだが、1位は「派閥」、2位以下は「うわべ」「おつぼね」の順だった。当事者である女性にとっては「派閥」の存在がより恐ろしく、シリアスだということなのだろう。

「笑顔で話していても、ふと場を離れた瞬間悪口が始まる」

「ウーン何度言ったら分かってくれるのかなー」
「ウーン何度言ったら分かってくれるのかなー」

   女性回答者からは女の派閥について、こんなコメントが寄せられている。

「ひたすら自分のグループじゃない人の悪口を言ってクスクス笑いあっている」(21歳・金融)
「あんたはどっちにつくのよ?みたいに問い詰められそう」(23歳・証券)
「派閥に入らなければ楽だが、どちらにもある程度の気遣いをしなければいけない」(30歳・小売店)

   テレビドラマにでも出てきそうな典型的な女の職場のイメージだが、組織内の出世と直結する「男の派閥」に比べて、どちらが恐ろしいのだろうか。

   「裏ではいろいろ言っていそう」については、男性にも裏表のある人はいるが、愛想や明るさがより求められる女性の方が、裏の顔とのギャップが大きいのかもしれない。

「普段は仲良しなのに陰では悪口を言い合っている同僚を見たとき、怖いと思った」(27歳女性・秘書)
「(ある人と)笑顔で話していても、ふと場を離れた瞬間、悪口が始まるのはとてもしんどい」(24歳女性・生保)

   職場の陰の権力者である「おつぼね」は、女だらけの職場でなくともよく見られる。特に20代の若手社員にとっては、非常に気を使う存在のようだ。

「今の職場に実際おつぼねがいて、その人が新人をつぶしていく」(23歳男性・小売店)
「おつぼねは本当に怖い。なんとか機嫌を取ろうとするのが大変」(27歳女性・ホテル)
「おつぼねがロッカールームで待ち伏せて悪口を言われました」(27歳女性・生保)

男性は知らない「ランチは一緒」のルール

   トップ3は男女同じだったが、女性の4位「ランチは一緒に食べなければならない」だけは、男性の上位に入っていなかった。インサイダーのみが知る恐ろしさであり、男性の想像力もここまで及ばなかったわけだ。

「前の職場では、会議室で女性全員が食べていて、会話もそんなに弾まず居心地が悪かった」(32歳女性・事務)
「外で食べるときは(ベテラン女性の)○○さんに言ってからとか、ルールが存在するのが理解できない」(23歳女性・商社)

   男性でも、いつも同じメンバーで食べに行くことはあっても、ここまで統率されているところは少ないのではないか。なぜこのようなことをするのか。IT企業に勤める29歳の女性に聞くと、こんな説を教えてくれた。

「女性が多い職場では、結婚で辞める人がいたりして、若い子が大勢と、ベテランが少数になることが多いんです。だから自由行動にすると、若い子たちがみんなで楽しくランチを食べに行く間、おつぼねさまがひとりさみしくお弁当を広げることになっちゃうんですね。だから一緒に食べなければいけないルールを作ってるんじゃないかと思うんですよ」
政権交代の法則 ―派閥の正体とその変遷 (角川oneテーマ21 C 153)
政権交代の法則 ―派閥の正体とその変遷 (角川oneテーマ21 C 153)
  • 発売元: 角川グループパブリッシング
  • 価格: ¥ 740
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中