2020年 10月 29日 (木)

「セルフ式うどん店が絶好調」の報道に、本場・四国から批判の声

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

「サイドメニューでおでんやってくれないかな」

   また、立ち食いやセルフのうどん・そば店を「安くていいよね」「サラリーマンの味方」と評価する声に、異論を吹っかける人がいる。

「客に調理の肩代わりをさせんじゃねえ!」
「天ぷらやらお稲荷さんやら取ってたら、意外と高くつく」

   素うどんの安さにひかれて入店した後に、食欲が刺激され、かき揚げなどのトッピングを取り、生卵を追加し、麺を大盛りにしたりおにぎりを追加したりすると、意外と高い値段になるというのだ。

   ある人は、憤りを込めて「『セルフ!安い!』連呼のトッピング商法」と揶揄している。ただし、香川県では「ぶっかけ中(2玉)」と「鶏の天ぷら」「稲荷すし」を合わせても340円で食べられるという書き込みもある。やっぱり本場は安いのか。

   サラリーマンたちの「うどん・そば」に関するこだわりは、これだけでは止まらない。

「香川のうどんは10分くらいしっかり茹でるだろ。だからうまい。東京の人間はうどんで10分も待てない。だから既に茹でたうどんになってまずい」
「丸亀で良いところは、ネギと生姜を山盛りで入れられるところだな」
「本場みたいに、サイドメニューでおでんやってくれないかな」
「讃岐みたい硬いうどんは嫌いだ。九州人だからモチモチしたうどんの方が好き」

   結局、「日本最強のファストフード」である立ち食いうどん・そば店に、少なからぬこだわりをもった人たちが大勢いるということが、よく分かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中