2019年 2月 18日 (月)

自前の「Happyボタン」で会員制サイトを活性化する日本コカ・コーラ

印刷

   フェイスブックの「いいね!」ボタンは2010年7月時点で、1日30億回もクリックされていたそうだ。当時のアクティブユーザー数が約5億人、いまでは8億人を突破していることを考えると、単純計算で1日50億回近くも「いいね!」が押されていることになる。途方もない数字だ。

   「いいね!」ボタンは、ユーザーのニュースフィードに変化を起こし、ユーザー間の交流を促進する。この「いいね!」ボタンを、自前のサイト用に作ってしまったのが、先進的なマーケティングで知られる日本コカ・コーラ社の「Happyボタン」だ。

ブログに貼ると、コカ・コーラのサイトからリンク

自前で「ボタン」を開発するという発想がスゴイ
自前で「ボタン」を開発するという発想がスゴイ

   「Happyボタン」は、ユーザー同士が「Happyな気持ちになれること」を共有し、広めることができるウェブサイト専用のボタンだ。日本コカ・コーラの会員制サイト「コカ・コーラパーク」で会員登録を行い、審査を通過すると、自分のブログやサイトにこのボタンを設置することができる。

   Happyボタンを設置したサイトでは、ボタンが押された回数が一目で分かり、どんなサイトでボタンが押されているかは、コカ・コーラパークでも紹介されリンクがはられる。サイトごとの「Happy」数ランキングもある。

   会員がHappyボタンを押した情報は、連携したツイッターやフェイスブックでも共有される。これにより、その人の行動履歴が共有され、自分のサイトやブログをソーシャルメディアを通じて広めるきっかけ作りにもなる。

   Happyボタンを押すたびに、会員にはコカ・コーラパークで利用可能なポイント「パークG」が付与される。現在は、3500パークGでフランスの高級自転車「ルイガノ スポーツバイク」が当たるキャンペーンを実施中だ。フェイスブックの「いいね!」は何度押しても見返りがないが、Happyボタンには特典があるところが魅力だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中