2020年 9月 29日 (火)

クレジットカードの支払いが1社遅れると、他のカードも使えなくなる

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!
「オイ! お前のとこでカードの支払い遅れたら、他のカードも使えなくなったじゃねぇか!! どうしてくれるんだコノヤロー!!」
「も、申し訳ございませんー!」

   今日も今日とて、コールセンターにクレームの電話がかかってきました…。私の働くコールセンターに多く寄せられる苦情のひとつに、この「カードが使えなくなってしまった」というモノがあります。

「信用情報機関」を通じて各社が情報を共有

あなたの「信用」は大切に!(イラスト:N本)
あなたの「信用」は大切に!(イラスト:N本)

   お約束いただいた期限までに入金いただけないと、カードは一時的に使えなくなりますが、さらに延滞が長期に及んだ場合、私の会社の場合はカードが自動解約(会員資格の失効)となり、買い物もキャッシングも二度と利用できなくなってしまいます。

   それを知らずに、お客さまがお店で買い物をしてカードを使おうとしても使えず、

「店で恥をかかされた! 責任を取れ!」

と怒り心頭で電話がかかってくることも多くあるのです。

   まあカードが一枚使えなくなったくらいでは、お客さまは痛くも痒くもないと思うのかもしれませんが、一社でも長期延滞になると、他の会社のカードも使えなくなってしまい、さらにどこかで借入をする時に審査が通りにくくなってしまいます。

   なぜそんなことが起こるかというと、お客さまの状況は「信用情報機関」を通じて各社で共有されているからです。

   例えばAさんが、カード会社に新規にカードの申し込みをしたとします。するとカード会社は、信用情報機関にAさんの情報を問い合わせて、

「このお客さまは、他社でキャッシングもそんなに利用していないみたいだし、延滞の記録もない。カードの発行と、○○万円までの利用額設定OKだ!」

と審査をしてカードの発行を行うわけです。また、カード会社は定期的にお客さまの信用情報の確認を行っているので、一社でも長期の延滞が発生すると、

「げっ、Aさんったら、××カードで3か月延滞してる!? 貸し倒れになったら困るから、うちのカードも出金を止めよう!」

と判断されて、支払いが遅れていない他社のカードも使えなくなってしまうのです。

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中