2020年 10月 1日 (木)

自治体なのにネット向けB級ネタを果敢に発信 「おしい!広島県」

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

市民がスローガンに反発する動画が再生38万回

県の記者会見を模した会場で乱闘する動画
県の記者会見を模した会場で乱闘する動画

   YouTubeには「おしい!広島県 THE MOVIE」という動画が掲載されており、公開1週間で再生が38万回を超えている。

   県の会見場で有吉さんが「おしい!広島県」というスローガンを発表すると、記者が「なんてこと言うんだ!」と激怒して詰め寄り、市民が反対運動を起こすシーンがあり、あらかじめ反発を織り込んでいることが想像できる。

   動画には、広島出身の歌手・西城秀樹さんや、香川県が打ち出す「うどん県」副知事の俳優・要潤さんのほか、昨秋の大阪市長選で敗れた平松邦夫・前市長も登場。「自虐」のコンセプトを貫いている。サイトで前面に出ている有吉さん自身も、広島県出身。自ら「一発屋芸人」と名乗るなど、自虐ネタで知られる。

   隠されたしかけとして、サイトのHTMLコードには有吉さんをかたちどったアスキーアートが施されており、このサイトに注目したウェブクリエイターの心理を読んだかのような工夫がなされている。

   ウェブで話題になり、ファンに愛されるために必要なPRとはなにか。企業や自治体の広報に対する姿勢についてあらためて考えさせられる事例ではないだろうか。(岡 徳之

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中