2020年 2月 24日 (月)

女子トイレの写真を男性社員に撮らせる会社、おかしくない?

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のhimegozaruさんは、従業員約90人の会社に勤めています。うち女子社員は5人。いずれも20代です。

   この会社では月に2回、女子トイレの写真を撮影して共有フォルダに格納することになっているそうです。撮影者は男性。ただし便器は撮らず、手洗い場だけの撮影です。

男性回答者「どういう問題があるのか判りません」

「今まで汚かった事は一度もない」というのに
「今まで汚かった事は一度もない」というのに

   目的は整理整頓の確認で、女子トイレ以外の社内の棚や机もすべて撮影することになっています。とはいえ、男性が女子トイレに入って写真を撮影すること自体、あまり一般的ではないのは確かです。

   特にビルの警備やトイレの清掃を外部委託する会社が多い中、社員が撮影に回っているところはごく少ないでしょう。質問者さんの性別や年齢は分かりませんが、「どう思いますか?なんとも思いませんか?」と尋ねるところを見ると、違和感を抱く女性からの質問と思われます。

   この相談には、男性からの答えが相次ぎました。yosifuji20さんは定年退職をした男性。「基本的に洗面所は公的なスペース」なので、「無人の時にそこの写真が撮られることにどういう問題があるのか判りません」「写されては困るものを置かなければいいだけ」と答えています。

   これでは、若い女性のデリケートな心に訴えないでしょうね。しかし質問者さんの会社でも、そう考える人が多いのかもしれません。

   60代男性のitou2618さんも定年退職者ですが、20代で工場勤務をしていたときは輪番で宿直もしたそうです。深夜に工場内を巡回するとき、女子トイレや女子更衣室も見回りをします。

   最初は好奇心もあったものの、特に変わったこともないので、何度も宿直しているうちに何とも思わなくなったとか。「女子トイレの写真を撮られている男性も、最初は抵抗があったかもしれませんが、今はそうでもないのでは」という結論です。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
現場カイゼン―知恵と常識を使う低コストの現場づくり
現場カイゼン―知恵と常識を使う低コストの現場づくり
  • 発売元: 日本経済新聞出版社
  • 価格: ¥ 2,940
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中