2020年 7月 12日 (日)

気の弱い係長に上司が命令 「パートのおばちゃん使って女性社員を辞めさせろ!」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のcclimeさんは、東証一部上場のメーカーに勤めています。最近係長に昇格したばかりなのに、上司の課長から難題を持ちかけられて頭を抱えています。

   その難題とは、パートのおばちゃんらを使って、面倒な女性社員に嫌がらせをして退職に仕向けること。課長いわく、会社が直接手を下すと何かとヤバイので、パートにいじめをやらせるというのです。

自分にとばっちりが来ないか、心配でたまらない

あーもーどうしたらいいんだ!
あーもーどうしたらいいんだ!

   問題の社員が片付いたら、いじめに加担したおばちゃんらを順次雇い止めして証拠を消していけばよいと。

「おばちゃんたちは、仲間内で休みや仕事の押し付け合いをしていて日常的に揉めているので、(いじめを)依頼すれば深く考えず、むしろ大喜びで応じるだろう。あとはやりたいようにまかせておけば、相当ひどいことでも躊躇なくやるだろうから、こちらは見て見ぬふりをしていればよい」

   とはいえ、当の課長が一切前に出ないようにしているので、「本当に自分にとばっちりが来ないのか」と疑っています。そこで、自分と同じ立場になったとき、他の人だったらどうするのだろうか、と相談を持ちかけたわけです。

   人員整理のために嫌がらせをするケースが増えているようですが、今回の相談はちょっと毛色が違います。補足説明を総合すると、この課長にはパワハラやセクハラの前科があり、本社に呼ばれて人事の事情聴取を受けた経験があります。

   このハラスメントを本社にリークしたと疑われているのが、今回ターゲットになった女性社員。事務系の管理部門で仕事はたくさんあるのに、これまでの仕事を取り上げられ、キツイ肉体労務を割り当てられています。

   パートのおばちゃんの役目は、この女性に雑務を押し付け、相手を疲れさせたうえで悪意ある注意を繰り返して、やる気を削ぐこと。課長は嫌がらせの見返りとして、最大65歳までの雇用延長をおばちゃんに持ちかけることも考えているようです。

   しかし、見返りを提示するということは、おばちゃんたちに「これは悪事だ」と告げているようなもの。それなのに、成功したら約束を翻して「順次雇い止めをする」なんて、本当にうまくいくものなのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中