2020年 11月 30日 (月)

部下を犯罪者にしてしまう「不正チェックの怠慢」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

「チェックを怠れば何が起こるか」を想定する

   要するにチェックが形骸化していたために、部下に巨額の不正着服を許したことになるが、人が人を管理している以上、このような事態はどの組織でも起こり得る。不正を未然に防ぐためにはどうすればいいのか。

   最も基本的かつ重要なのは、ダブルチェックの仕組みを確立し、事務処理のルールを明確にすることである。ただしJR西日本の場合、仕組みとルールは曲がりなりにも存在していたが、残念ながら徹底されていなかった。

   再発行データの入力と定期券の回収、照合を実質的にひとりで行えてしまうようでは、内部統制はないに等しく、不正への誘惑が高まるのも当然である。不正リスクへの感度の高い管理者ならば「ダブルチェックの存在しない状況」を放置しなかっただろう。

   この感度は、「チェックを怠ると何が起こりうるか」というリスクの想定力によるところが大きい。限られた人員と時間ですべての業務を事細かにチェックするのは非効率だが、不正による影響を想定すれば、リスクの高い業務にチェックを集中させることができる。いわゆる「リスクベースの対応」である。

   リスクへの感度を高める勘所として、不正対策の専門家の世界では"Think like a thief."という発想が重視される。つまり、

「この業務において、もし自分が不正をするとしたら、どんなチェックの甘さを突いて、どんな手口を使うだろう」

という視点で、業務の流れを見直し、管理体制の弱点を洗い出すのだ。敵を知り、己の弱点を知ることで、対策を強化するのである。

   管理者は「自分の部下に限って不正なんてしないだろう」という思い込みを排し、懐疑心を働かせながら、不幸な部下を生まないように責任を果たすべきだ。(甘粕潔)

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中