「地方自治体の財政再建」は2025年までがラストチャンスだ

印刷

   少し前に、藻谷浩介著『デフレの正体』がベストセラーになった。同書は人口動態、特に消費や生産の主な原動力である「生産労働人口」が経済に与える影響が大きく、将来予想を立てる方法論になりえると指摘して大きな話題を呼んだ。

   僕は大阪府の歳出、歳入をどこまで人口と結び付けられるかトライしたことがある。過去の履歴をとってみると、歳入は法人税の動向次第で大きくぶれるので、なかなか予想できるとは言い難かった。

   しかし、歳出はあまり大きなブレは見つからなかった。兆円単位の歳出なので100億円単位のブレを気にしなければ、将来の必要歳出もかなり予想できそうだった。

年少人口の減少に伴い、歳出も急速に減っていくワケ

(カット:長友啓典)
(カット:長友啓典)

   予想方法は、極めて単純である。歳出費目ごとに受益者を大まかに決めて、過去の1人当たりの費用実績から推測した。

   歳出に含まれている地方債の償還費用を除くと、教育費と福祉費が大きな歳出項目になる。大阪府くらいになると都市が成熟しているので、道路や河川整備、土地整備、都市開発などの公共投資的な費用は実は少ない。

   教育費は年少人口(15歳未満)1人あたりいくらかかっているか、過去の実績から割り出したうえで、将来予想の年少人口に掛けて予想する。福祉費は、高齢者福祉とその他の費用に分け、それぞれ老齢人口(65歳以上)と全人口で1人あたりを計算して、将来予想の老齢人口と全人口に掛けて計算してみた。

   細かいことを言い出すと、高校は府立で小中学校は市立になるのではないか、ということになるが、府も小中学校の費用を負担している。いろいろな補正を行ってみたが、せいぜい100億円とか200億円とかの差にしかならなかった。全体の歳出が3兆円を超えているので、この程度の誤差は容認できるものとした。

   また、歳出自体があまり人口と連動しそうにないものは、現状維持で続くものと考えた。先ほどの公共投資的な費用がそれである。老朽した道路や橋梁などのインフラ更新を除くと、今後の政策(つまり、ポリシー)によるものなので、現状維持として計算してみた。

   そうしたシミュレーションをしてみると、自治体にとって意外な事実が発見できる。実は、年少人口がこれから急激に減少していくことは、歳出もその分急速に減少していくことを意味する。自治体にとって、教育費はかなり重荷になっているわけである。

大庫直樹(おおご・なおき)
1962年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒。20年間にわたりマッキンゼーでコンサルティングに従事。東京、ストックホルム、ソウル・オフィスに所属。99年からはパートナーとして銀行からノンバンクまであらゆる業態の金融機関の経営改革に携わる。2005年GEに転じ、08年独立しルートエフを設立、代表取締役(現職)。09~11年大阪府特別参与、11年よりプライスウォーターハウスクーパース常務執行役員(現職)。著書に『あしたのための「銀行学」入門』 (PHPビジネス新書)、『あした ゆたかに なあれ―パパの休日の経済学』(世界文化社)など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中