「履歴書は手書きがいいの?」論争に決着をつけよう

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。就職活動中のmay2012さんは、自分の字に自信がありません。ていねいに書こうとして力むと右腕が痛くなってきて、何度も書き直しているうちに、どんどんひどい字になってしまいます。

   このたび一般事務の求人を出している会社に、履歴書と職務経歴書を提出することになりました。こんなときは、どんなに字が汚くても、やっぱり手書きが一番なのか。それとも手書きの汚さをカバーし、パソコンのスキルをアピールできるパソコンで作るべきなのか。

手書きには「最低限の学力チェック」の意味があった

書類の中身をじっくり考える方が大事だ
書類の中身をじっくり考える方が大事だ

   ある地方都市の社会保険労務士によると、地元の中小企業やスーパーでは、市販の履歴書にボールペンで手書きにするのが一般的だそうです。ある会社でパソコン作成の書類で採用したら、簡単な漢字も書けないし、ひらがなや数字も汚いしで、伝票作りもままならなかったといいます。

「手書き書類の提出は、最低限の学力チェックの意味があります。経営者の大切な『自衛策』なんですよ。東京の大卒インテリが『手書きなんてバカじゃないの?』と批判しますが、求職者の水準がまったく違う。現実を知らずに口を出すなと言いたい」

   とはいえ、こういったケースは例外中の例外。書類で重要なのは、その内容です。言葉遣いが正しいか、志望動機のつじつまが合っているか。ウソが書かれていなさそうか…。パソコン作成の書類でも、チェックポイントはたくさんあります。

   従事する仕事が一般事務なら、なおさらパソコンの利用が避けられません。複数の会社に提出する手間を考えても、データで管理できて簡単に内容を更新できるパソコン作成は、もはや定番といっていいでしょう。

   手書きより印刷の方が、相手にとって読みやすいのも理由になります。自筆の美しさに自信があるのなら、個人の判断で手書きにするのは自由です。ただ、回答者のsukekenさんのアドバイスのように、

「最後ふたりのどちらかで迷ったとき、何を参考に決めるのでしょう? …私は、必死さが感じ取れるものに興味があります。というか、それが普通だと思うけど」

という精神論で他人が勧められるものなのか。必死さは手書きの方が伝わりやすい保証はないし、少なくとも「普通」とはいえないのではないでしょうか。

選考は選考。字の練習は入社してからやればいい

   ということで、この手の質問に結論をつけておきましょう。原則はパソコン作成。会社から自筆を求められたときは、手書きで従う。どちらでもいい場合で、自筆によほど自信がある場合には手書きにしてもいい、ということで決まりです。

   今回の相談者さんのように、字に自信がない場合には、迷う余地はありません。わざわざ短所がバレることを考えてしまうなんて、正直な人なのでしょうね。採用選考には化かし合いのようなところもあり、バカ正直になる必要はありません。

   とはいえ、めでたく選考を通過してからの不安は残ります。自分も字が汚いと悩む回答者の05051036さんは、「問題は入社してから」といいます。

「パソコンが普及したとはいえ、あらゆる面で手書きせねばならない状況はあります。(自分の字は)ただ汚いだけではなく、筆順めちゃくちゃだったり漢字が全然書けなかったり…。私はウェブでエントリーし、手書きの履歴書も経歴書もない選考で採用された末に、こういう事態に直面しております」

   選考は選考。自分の仕事の質を上げるために、ペン習字の練習をするといった自助努力は、入社してから頑張ればいいのではないでしょうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中