それってホントにお得なの? リボ払いの「優しげなワナ」

印刷

   先日、仕事が終わった後に家でご飯を作る気力がなかった私は、夕ご飯を食べようと会社近くのファストフード店に入りました。ハンバーガーと飲み物を頼むと、男性の店員さんがすかさずこう言いました。

「いまナゲット半額ですが、ご一緒にいかがですか?」

   一日督促の電話をして疲れ果てていた私は、断るのもおっくうで(半額なのかーじゃあ、頼もうかなぁ)と口を開きかけました。でも待てよ、パッと探してもメニューにナゲットの表示と値段が見つかりません。

「……ちなみにいくらですか?」
「400円です」
「えっ、半額で400円ですか!?」
「はい。15ピース入りですから」

数字の中身を確かめないと大変な目にあう

ああ、つい「はい」って言っちゃったんですね(イラスト:N本)
ああ、つい「はい」って言っちゃったんですね(イラスト:N本)

   時間は夜の10時過ぎ。この時間に女性一人でナゲット15ピースを食べるのは、さすがに重たすぎですお兄さん……。残業終わりで疲れた頭では、何も考えずに「はい」と言ってしまいそうなところでした、危なかった(ちなみにナゲットと値段はメニューのはしに、ものすごく小さく書いてありました)。

   こんなふうに、世の中は数字の中身を確かめないと大変な目にあうことがあります。例えば、リボルビング払いや分割払いの支払い回数などです。

   私の働いているカードやキャッシングの業界で、最近リボルビング払いやキャッシングの分割払いに、以前より低い支払い金額を設定をしている会社が登場するようになってきました。

   以前は50万円借りたら、ひと月の支払い金額は2万円ほどでしたが、最近はこの設定が1万3000円くらいになっているカード会社があります。

   以前のコラムでも紹介しましたが、50万円を満額、年利18%で借りた場合、1ヶ月(30日)の利息は約7400円。支払い金額が2万円だったらそのうちの4割違くが利息になります。

   しかし支払い金額を1万3000円にした場合、その利息の割合は56%、つまり半分以上が利息になってしまいます。支払い金額が低く設定されている分、返済期間も長引きます。

   最近知り合いが、

「Aカードでお金借りたら支払いが月1万だけど、Bカードで同じ金額キャッシングしたら支払いが月8000円になったんだよ。Bカードの方がお得じゃん」

とドヤ顔で言っていたので、全然お得じゃない!目を覚ませ!と殴っておきました。

支払いが苦しくなるお客さまを増やしかねない

   ひと月の支払い金額が少ないと、当然トータルで支払う利息も多くなります。同じ金額を借りるなら支払い金額が高く設定してあるAカードの方が、その分早く返済が終わり、払う利息も少なくてすみます。

   一見優しそうに見える支払い金額の少ないBカードの方が、高くついてしまうのです。

   貸金業法が改正され法定金利が引き下げられてから、どこのカード会社も利益の確保に必死です。一括払いではほとんど手数料収入がないので、最近はわざわざコールセンターから勧誘の電話をかけてまで、

「リボルビング払いにしませんか?」

と分割払いを推奨しているくらいです。

   ただやみくもに分割払いを推奨することは、支払いが苦しくなり延滞するお客さまを増やすことにつながると、督促の部署で働く私は思ってしまうのです。

   支払い金額が低く設定してあるカードは、多めに入金することは面倒だったりするのですが(わざとそういう風になっていたりします)、余裕のある月は多めに返済していくのがお勧めです。お客さまにはぜひ自分の使っているお金は中身を確認して、納得して使っていただきたいと思うのです。

   ちなみに、ナゲットを勧められて間一髪で思いとどまったその日、私がそのファストフード店を出ようとした時に、山もりのナゲットをトレーに乗せて茫然としている男性とすれ違いました。ああ、つい「はい」って言っちゃったんですね、私は思わず同情してしまいました……。(N本=えぬもと)

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中