2018年 12月 12日 (水)

ウソだろ!? こんな「ブラック営業マン」は辞めてくれ

印刷

   会社の中に「ブラック会社」があるように、営業マンの中には「ブラック営業マン」がいます。勤め先がブラックかどうかは別として、言動ひとつで「こいつはブラックだな」と思わせてしまう人がいるのです。

   相手がそう思ったら、もうアウト。どんなにいい提案を持ってこようとも、営業マンが信用できなかったら、成約に結びつくことはないのです。今回は、私が実際に経験した「ブラック営業」をいくつか紹介してみましょう。

タダと見せかけて、別口実の費用負担を求めてくる営業

「あれ、N社じゃないの? 電話と違うじゃない」
「あれ、N社じゃないの? 電話と違うじゃない」
「うちはとにかく安いんで、話だけでも聞いてください」

   価格だけを訴えてくる営業はダメと何度も説明していますが、「安い」を前面に出して買わせようとする営業は、私にとってはブラック判定です。

   安いものには何かワケがあるはずですが、その「ワケアリ」がちゃんと説明できなければ、「ウチは実はモノが悪いので安い」としか聞こえません。そんなもの、誰が買いますか?

   「無料ですから」と近づいてくる営業にも、やはり警戒をしてしまいます。これはつい最近あった実例ですが、

「うちのサイトはいま優良店舗さんにタダでご掲載いただいて、知名度を上げてアクセスを増やしたいのです。なので、掲載料はいまなら不要です」

という営業マンが来ました。来店者のデータを取りたいので、○○というネット直結の機器をカウンターに設置してくれという。機器も「もちろん無料」とのこと。

   「本当にタダ?」と聞くと、「本当にタダです!」という答え。この時点で、なんかうますぎるなと眉ツバなのですが、ひと通りの話が終わると、やはりこう切り出されました。

「以上のように、掲載料、機器、全てタダです。ただ、ウイルス感染予防ソフトの使用料だけ、実費負担いただきたいんですよ。たった1日100円ですから。日々の売上から、チョコっとご負担ください!」

   こうサラリと言ってのける。もうブラックさ満点ですよ!1日100円って、月3000円。年間3万6000円です。立派な年会費じゃないの?中にはだまされる人もいるのでしょうが、こんな営業、完全にアウトです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。執筆にあたり若手ビジネスマンを中心に仕事中の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中