政界のジョブホッパー、小沢一郎

印刷

   昨日(2012年7月11日)、いよいよ小沢さんが新党を立ち上げた。新党名は「国民の生活が第一」で、増税反対、TPP反対等、与党側の政策への反対が柱となるそうだ。自民党、新生党、新進党、自由党、民主党ときて、実に5度目の転職ならぬ転党である。

   まあ別に好きにしてもらっていいのだが、ひとつ気になるのは、彼らの政策が反対ばかりで、具体的な中身がぜんぜん見えてこないことだ。

解決策もビジョンも持たず、組織を飛び出す

   たとえば、増税に反対するのなら、それに代わる歳出削減手段を明示するのが基本だろう。「増税よりも経済成長が重要」とか「行政の無駄を見直すべき」というのは当たり前の精神論で、本当にそれで増税の必要がないというのなら、実現可能かつ具体的な中身を有権者に掲げるべきだ。

   そういうことを一切やらずに「増税反対がうけるから」という理由だけで反対するのなら、いますぐ議員なんぞ辞職してお笑い芸人でも目指すといい。

   ふと気付いたのだが、彼の動きは、キャリアデザインの下手なジョブホッパーによく似ている。ジョブホッパーというのは、勤続3年未満での短期の転職を繰りかえす転職常習者のことだ。

   自分の置かれた課題に対し、解決策もビジョンも持たぬまま組織を飛び出すという点で、小沢一郎という政治家とそっくりだ。誰でもきっと周囲に一人くらい、心当たりのある人がいるのではないか。

   筆者の同期にも、最初に入った大手製造業を「こんな古い会社は辞めてやる」と言って2年で辞めて、なぜかもっと社風の古い財閥系メーカーに転職し、やっぱり1年くらいで辞めてよく分からないIT系の新興企業に転職、そこもすぐ辞めて音信不通という人間がいるが、小沢センセイを見ていると彼が偲ばれてしかたがない。

   ジョブホッパーの場合、学歴や「最初に入った会社名」というボーナスがドンとあって、それを食いつぶしつつホップしていくわけだが、だいたい短期間で3回も転職するとジョブホッパーとしての烙印を押され、信用を失うことになる。

「あの自民党で剛腕幹事長」のボーナスも使い尽くした

   小沢さんも自らの意思で組織を割るのは、自民党、新進党、民主党とこれで三度目だ。

   しかも、そのたびに本人のビジョンがどんどん見えなくなってきていて、かつて「グランドキャニオンには柵がない」と著書で述べた自主自立の精神はどこへやら、今では農家と土建屋バンザイ、自由貿易反対という昭和の粗大ゴミみたいな政治屋になり果ててしまった。

   「あの自民党で剛腕幹事長と呼ばれていました」というボーナスは、そろそろ使い尽くした感がある。

   小沢新党に期待する割合は、日経新聞の調査では20.2%、朝日新聞では15%と絶賛低迷中で、結果的に野田政権から切り捨てられた形となっている(ちなみに同じタイミングでの野田政権支持率はそれぞれ54.8%、27%)。

   引っかき回すだけで何も実現しない政界のジョブホッパーに、有権者もそろそろ愛想を尽かしている頃ではないか。

   ひょっとすると政界再編のドタバタに乗じて、再び連立入りすることもあるかもしれない。でも、彼は何ひとつ実現はできないだろう。反対することでしか自己ピーアールできない人たちは、どこに行っても反対するだけだからだ。(城繁幸)

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中