キレイなお姉さんはどこへ? 「丸の内OLが消えた」のウワサを追う

印刷

   某大手企業に入社して3か月のHクン。東京のオフィス街、丸の内に毎日通っているけれど、社会人になって期待はずれだったことがいくつかあるという。一番大きな期待はずれは「丸の内には、思ったほどOLさんがいない」ということだ。

   丸の内OLといえば、濃い色のスーツに身を包み、黒髪を縛った清楚なキャリアウーマンというイメージ。「いまは渋谷や新宿に勤めているけど、いつかは丸の内で働きたい」と憧れているビジネスウーマンも、実はいるのではないだろうか。

「制服を着た一般事務の正社員」は確かに減っていた

知らないところで街は変わっている
知らないところで街は変わっている

   そこでお昼休みの時間に、丸の内まで様子を見に行くことにした。通りは当然のことながら、男女ビジネスパーソンでごった返している。若い女性だってたくさんいる。Hクンは、何か勘違いしていそうだ。

   丸の内の大手企業で働いているベテランOLのTさんに、疑問をぶつけてみた。彼女もやはり「丸の内OLが減っているという印象は特にない」という。ただ、OLさんの服装の傾向が変わったかもしれない、という証言をもらった。

「丸の内といえば、以前は銀行や生保のように、服装に規律を持つ企業で働くOLさんが多かったですよね。でもいまは、外資系企業や人材ビジネスの会社、それから新丸ビルやオアゾなど複合商業施設ビルで働く人が増えて、制服指定の会社が少なくなったかもしれません」

   なるほど、Hクンには、制服を着たOLさんの憧れが強かったのだろうか。だからイメージの中にあるような「OLさん」がいない、とガッカリした可能性はある。

   女性の雇用形態も変わっている。ここ10年で、一般事務の正社員が大幅に減って、多くの企業が派遣スタッフに切り替えている。正社員よりカジュアルな服装をしている人が多いらしい。

「昔のようなお局さんもいなくなり、厳しい服装チェックもなくなりましたからね。髪を染めた女性が闊歩していて、絵に描いたような“丸の内OLっぽい女性”が少なく見えたんじゃないですか」

丸の内にもオトコだらけの職場はあるかも

   また、「丸の内OLがいない」と感じた理由として、Hクンが通りに出るタイミングと合わなかったということもあるかもしれない。通りがかりの女性に声をかけてみると、

「丸の内の外食は高いので、基本的にお弁当を持参するか、買うかしてます」(32歳)

という声が返ってきた。

   何人かに聞くと「お弁当購入派」が4割ほど。オフィスを出てお弁当を買い、すぐにオフィスに戻って食べる。忙しいHクンが外に出るころには、女性の出足のピークが過ぎている可能性がある。

   ということで、これで全てではないかもしれないが、Hクンがガッカリした理由らしきものはいくつか分かった。でも、Hクンが働くビルの前を通ったとき、もっと別の大きな原因が思い浮かんだ。

   彼の仕事は、システムエンジニアだ。女性のエンジニアも増えてきたとはいえ、きっと職場はオトコだらけに違いない。

   もしかすると、丸の内のオフィスに配属されて、キレイなおねえさんに囲まれて仕事ができると思っていたら、そんな人は職場にいなかった、という話だったのかもしれない。(池田園子

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中