2021年 9月 29日 (水)

SNSのアバターを乗っ取る? 花王「ビオレママ顔メーカー」の戦略

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

SNSで使うパーツは重要な「媒体」になっている

   このように自社の素材を配布してユーザーに使用してもらうキャンペーンといえば、2000年代の「ブログパーツ」があった。

   ブログパーツとは、ブログの中に時計やゲーム、ニュースなどを流す「部品」のことで、企業のロゴやキャラクターを入れ込むことで自社のブランドを周知したり、サイトへのアクセス誘導を図ったりするものだ。成功事例としては、2007年にユニクロが実施した「UNIQLOCK」が有名だ。

   しかし今では、ブログを書く人よりもSNS利用者の方が圧倒的に多く、このため「ビオレママ顔メーカー」のような方法に切り替えられたのだろう。

   多くの人が利用するSNSでは、そこで使うアバターや背景なども重要な「媒体」となりうる。それをどう利用するか、これからも企業の知恵の出し合いが続くのではないだろうか。(岡 徳之

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中