本当に労働者のためなのか? 改正労働契約法に不満の声

印刷

   労働契約法の改正案が2012年7月24日、衆議院で可決された。有期雇用で働く人たちから「雇い止めへの不安」や「処遇に対する不満」が指摘されていたことから、これを解決するための対処が必要とされたという。

   しかし、労働者を守ることを目的とした規制強化をしても、かえって労働者に都合の悪い状況を招くのではという懸念がある。改正で、どのようなことが起こりうるのだろうか。

「安定雇用」は結果的に守られなくなるおそれ

若者たちの生活は本当に改善するのか
若者たちの生活は本当に改善するのか

   今回の改正ポイントは3つ。1つめは「有期雇用」を「無期雇用」に転換するための改正である。有期雇用が5年を超えて繰り返し更新された場合、労働者の申込みにより無期雇用にすることが義務づけられる。

   2つめは「雇止め」を規制する改正である。有期雇用を繰り返し更新し、実質的に無期雇用と変わらない労働者などは、合理的な理由がない限り、雇止め(雇用期間の満了に伴う雇用契約の終了)ができないことを法律に定める。

   3つめは、期間の定めがあることによる「不合理な労働条件」の禁止である。有期雇用の労働条件が、無期雇用の正社員などと異なる場合には、職務の内容や配置転換の範囲などを考慮して不合理なものであってはならないとする。

   このうち、素直に納得できるのは3つめのポイントだ。同じ仕事をしているのに、正社員という「身分」を得た人だけが給料が高いというのはおかしい。「正社員は新卒で苦労して入ったんだから」などという理由は通じなくなる。不公平が是正されることに期待したい。

   一方で「無期雇用への転換」や「雇止めの法定化」は、果たして思惑通りに進むのか。改正法の施行前に締結された有期雇用には、無期雇用への転換は適用されない。これから新しく雇用契約を締結する企業は、5年を超えないように期間を調整するだろう。

   これにより、今後4年半で契約を切られてしまったり、これまでと同じ仕事に就けなくなったりする人が増えることが予想される。安定雇用を促すつもりの改正が、結果的に逆に働いてしまうのである。

実は「逆効果」をねらってやっているのか

   また、無期雇用に転換する際には、別段の定めがない限り、従前と同一の労働条件でよいとされている。これでは不公平な労働条件が是正されないまま、固定されてしまうおそれはないだろうか。

   「雇用規制を緩和すると貧富の格差が広がる」ので、「規制を強化して力の強い企業に強制的に負担を課す必要がある」という考え方がある。今回の改正の裏側にも、このような考え方があるのだろう。

   しかし企業は、一定の社会的責任を果たしつつ、市場における他社との競争に打ち勝っていかなければならない。そのためには、需要の高い市場に経営資源を投入しつつ、需要の低い市場から撤退しなければ生き残ることはできない。

   雇用規制の強化によって企業の「選択と集中」が妨げられ、機動力が失われることで結果的に企業実績が悪くなり、雇用も失われるという説もある。

   ただ、一部には「無期雇用を促進するふりをしているが、短期の有期雇用が結果的に増えることを最初から見越しているとしか思えない」という意地悪な見方もある。言っていることとやっていることが、最初から逆ではないかということだ。

   そんな回りくどいことをするくらいなら、「不公平な労働条件の禁止」以外は最初から緩和してしまった方が、結果的に労働者のためになるのではと思うのは乱暴すぎるだろうか。

労働契約法の改正で「正社員化」は進むか?
進むと思う
あまり変わらない
逆に有期雇用が増える
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中