2020年 1月 18日 (土)

企業のウェブキャンペーンが「おもしろおかしい系」に走る理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ネットを使った企業のキャンペーンに「おもしろおかしい系」が目立つようになってきた。目的は「周知」なので、アクセス数の多さを示す「ページビュー(PV)数」が成果指標になることが多い。

   PV数を増やすには、人が集まるポータルサイトに広告を出す方法もあるが、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを通じて「拡散」「共有」されるコンテンツを作ることで、無名企業でもPVを獲得できるケースが見られるようになってきた。

サイト開設10日足らずで60万PV、会員も1割増えた

「楽待」キャンペーンサイトのトップ。「1000万円未満です」にカーソルを載せるとやる気のない顔になる
「楽待」キャンペーンサイトのトップ。「1000万円未満です」にカーソルを載せるとやる気のない顔になる

   「おもしろおかしい系」の流れを先導しているのが、バーグハンバーグバーグが手がけるキャンペーンサイトだ。これまで有限会社ノオトの「上司に味噌を塗りたくらない人材」などを担当し、いずれも大きな話題となった。

   今年7月には、不動産投資マッチングサイト「楽待(らくまち)」のキャンペーンを担当している。やはりこのサイトもネット上で大きな話題となり、一時はアクセスが集中してサイトが閲覧できない状態になっていた。

   「貧乏人は見るな!」と題されたサイトを訪問すると、「あなたの年収は1000万円以上ですか?」という質問が現れる。「1000万円未満です」をクリックすると、

「さっさと閉じるをクリックしろよな…」
「こっちは忙しいんだからさ…。さっさと帰ってクソでもしてくださいよ?」
「あなたには一切関係ないことですが、国内最大の不動産投資サイトです」

といった、閲覧者を侮蔑するようなコンテンツに誘導されてしまう。

   一方、「1000万円以上です」を選ぶと、手もみをした男性営業マンが「財を持つあなたにぴったり」というキャッチとともに現れ、「お客様のような素晴らしい方限定ですぅ~!」「今後はご主人様とお呼びしてもよろしいでしょうか?」と手のひらを返した対応をする。

   「楽待」を運営するファーストロジックの坂口直大社長によると、キャンペーンサイトへのPVは開設10日足らずで60万、訪問者(ユニークユーザー)数は20万を突破したという。登録会員数も10%増えた。その効果は「数年前に弊社がテレビ東京系の番組で取り上げられたときの10倍以上」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中