コールセンターで予感する「低収入・ダブルワーク時代」の到来

印刷

   督促の電話をしていると、生々しいお金の事情を垣間見ることがあります。お客さまの言葉はとても深くリアルで、いつも得難い勉強をさせていただいています。そんな中、最近気になった出来事がありました。

「○月×日に入金したいんですけど、いいですか? 副業で働いてる飲食店のバイト代が入ってくるんですよ」

入社以来、10年間まったく収入が上がらない人も

会社が終わった後にアルバイトに行って、深夜に帰宅してまた翌朝会社に…(イラスト:N本)
会社が終わった後にアルバイトに行って、深夜に帰宅してまた翌朝会社に…(イラスト:N本)
(あれ、このお客さまもかぁ。さっきも、本業とは別のアルバイト代で入金するって方がいたような…)

   督促のコールセンターでは、少し先の期日で入金約束をする場合、なぜその日に可能なのか理由を確認しなければなりません。その場しのぎの嘘申告をされて、結局入金にならないこともあるからです。

   ただ最近は、契約時に登録している給料日ではない日に入金すると言うお客さまが多くなってきました。

「失礼ですが、お客さまのお給料日は25日で登録していただいていますが、なぜ×日になるのでしょうか…」

とおずおずと聞くと、「本業の他にアルバイトをしていて…」と説明されることが増えているのです。

   私は滞納者にばかり電話をしているので、普通より若干フトコロ具合がキビしめの方が多いのかもしれません。それでも実感として、全体的にお客さまのお給料が以前より上がりにくくなっていると感じることがあります。

   カード会社ではお客さまの年収をご報告いただく必要があるのですが(貸金業法では50万円以上の貸付を行う場合、収入を証明する書類の提出を義務付けています)、お客さまに年収をお伺いすると、10年間まったく同じ年収というケースも珍しくありません。むしろ、下がっていることも…。

   現在のサラリーマンの平均年収は400万円台。私も学生時代「普通のサラリーマンは400万円くらい貰えるんだ~」と、のほほんと考えていましたが、会社に入ってびっくり。サラリーマンでも年収200万円台のお客さまが多々いらっしゃるのです。

会社が終わった後に、居酒屋で深夜までアルバイト

   1つの会社で働いていてもお給料が上がらなければ、必要に迫られて副業を始めざるをえないのかもしれません。

   お客さまの口から聞くことの多い副業には、登録制の日雇いバイトや、コンビニ、居酒屋のバイトが多く、会社が終わった後にアルバイトに行って、深夜に帰宅してまた翌朝会社に行く…。お客さまの中にはそんな生活をしている方もいるのです。

   特に男性の場合、30代から如実に年収に差が現れ始めます。有名企業に正社員として勤務している男性は30代からどんどん年収が上がるのに、非正規雇用で働く方は20代と変わらない年収のままだったりします。

   ちなみに、一抹の悲しさを感じてしまうのですが、男性の場合、そこでキレイに既婚と独身の登録データが分かれています。

   ほとんどのお客さまは会社に内緒で副業をされているようで、電話口で「体力的に本当にキツくて…」とお聞きすることもあります。「本当にお給料が上がりにくい時代なんだなぁ」と感じされられます。

   なのに、サラリーマンにとっては、だんだんと厳しくなる税金や保険料…。これからはもしかしたらダブルワークが当たり前、結婚してからも共働きかつダブルワークをしなきゃやってけない、そんな時代が来るのかも…。日々のお客さまの電話から、そんなことを考えてしまうのです。(N本=えぬもと)

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中