トイレの「大」は自宅で済ませて来るべきだ

印刷

   中堅商社で働くAさんが、この春に別の商社に入社したBさんと久しぶりに食事をした。BさんはAさんの3歳下で、同じ大学のサークルの後輩。仕事に慣れようと頑張っているが、最近納得いかないことがあったという。

   それは仕事に備えて、会社に朝早く来なければならないこと。いまは始業30分前に来ているが、課長から「1時間前に来い」と叱られたという。Bさんはこうこぼす。

「始業前に出社しろはおかしい、なんて子どもみたいなことは言わないですよ。でもね、むやみに早ければいいってもんじゃないと思うんですよ…」

始業前に「個室」にこもる先輩社員に憤慨

個室にいたんじゃ出社したことにならない?
個室にいたんじゃ出社したことにならない?

   課長が叱る理由は「お前より早く来ている先輩のCがいる。仕事を覚えなきゃいけない新人のお前が、なぜ彼より遅く出社するのか?」ということらしい。しぶしぶCさんより前に出社することにしたが、そこで「事の真相」を知ったという。

「確かにCさんは、1時間ほど前に『おはよー』と出社してきます。でもね、すぐに席を外して行ってしまうんですよ」

   Cさんは、パンと缶コーヒー、それにマンガ雑誌などを持って、トイレに引きこもってしまう。その時間は30分近くになる日もあった。つまり、出社は早いが、始業前の多くの時間を「個室」で過ごしているようなのだ。

「ビックリしましたよ。僕は朝早く起きて自宅で食事を食べて、新聞2紙に目を通し、ちゃんと用を足してから出社している。なのにCさんは何の準備もせずに家を出て、ぜんぶ会社でやってるんですから」

   要するにBさんは社会人たるもの、トイレの「大」は自宅で済ませてくるものだ、と言いたいらしい。Aさんが、催す時間は人によって違うだろうと言っても耳を貸さない。

「僕だってね、最初は出ませんでしたよ。でも、前の晩にヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂ったり、水を飲んでから寝たり、朝起きて軽くストレッチをするとか、僕なりに工夫してるんです。Cさんは明らかにおかしいでしょう?」

エスカレートする完璧主義「トイレの時間も聖域ではない」

   Cさんには大きな罪はないと思うが、課長がCさんと比べて叱ったことが、よほどショックだったようだ。Bさんの怒りは収まらない。

「だいたいタバコ休憩とか、お茶を入れたりお菓子を食べたりするのだって、おかしいんですよね。そんなのは仕事中にすべきじゃない。トイレの時間だって聖域のように思われているけど、実はコントロールできる部分もあるんですよ」

   最初は「彼は社会人の厳しさに慣れただろうか」と心配していたAさんだったが、Bさんの完璧主義に驚いてしまった。

   あまりの剣幕に「そう堅いことを言うな。お前も会社で用を足すことにすればいいんじゃないか?」となだめたが、「もし全社員が同じことをしたら、会社のトイレに入りきれなくなりますよ」と反論されてしまった。

   Bさんはいま自分の上司に頭に来ているが、Bさんが管理職になったら部下たちは非常に苦労するだろうな――。Aさんはそんな感想を持ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中