2020年 9月 21日 (月)

既卒者を「ホンキ」にさせる就活支援プログラム リクルートが無償で開催

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   「新卒一括採用」の弊害を耳にすることがある。企業にとっては採用や教育研修を効率的に進められるメリットがあるが、うまくレールに乗れなかった卒業生など求職者にとっては、大きな壁となって立ちはだかることがあるというのだ。

   大学卒業と同時にどこかの会社に就職できなければ、翌年以降に「新卒」のカードが使えなくなり、求人のスタートラインにすら乗れなくなる。「既卒者3年以内は新卒扱い」とする企業もここ数年で増えたが、新卒とまったく同じ条件ではない会社もあるし、既卒4年以降では対象外となってしまう。

職歴がなくても受講できる。参加費は無料

「ホンキの就職」の講師と受講者。一緒に就職活動を進める仲間が作れるのが大きい
「ホンキの就職」の講師と受講者。一緒に就職活動を進める仲間が作れるのが大きい

   問題は、企業の採用計画がその年の景気見通しに大きく左右されることだ。最難関大学の卒業生ならまだしも、フツーの卒業生はその影響をまともに受けてしまう。有名大学の卒業生であっても、大手企業に入社できるラインが大幅に引き上げられる。当事者たちにとっては理不尽と感じられるだろう。

   ここで一度つまずいたことで、働ける能力はあるのにモチベーションを大きく下げてしまう若者は少なくない。ふと「このままではマズイ」と思っても、具体的に何から手を着けていけばいいのか分からない。実家住まいなど恵まれた環境にあれば、はじめの一歩をなかなか踏み出せない人がいてもおかしくない。

   そんな人たちに向けて、リクルートが「ホンキの就職」という若者のための就職応援プログラムを実施している。CSR(企業の社会的責任)活動の一環で、参加費は無料だ。

   リクルートといえば、「リクナビ」などのサービスで新卒学生向けの情報提供を行っているほか、「リクナビNEXT」や人材紹介サービスなど転職情報のサービスを手掛けている。こうしたサービスでの知見を活かし、若者の就職支援を行っていこうというものだ。

   プログラムを開始した2011年4月から2012年3月までの1年間で、受講者は約1300人。そのうち3人に2人が内定を得ている。なかなかの好実績だ。内定先には、中堅優良企業も含まれるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中