2020年 7月 12日 (日)

これだけは伝えたい! 「お金で失った信用は、お金では買い戻せない」

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   1年間続けさせていただいたコラムも、今回で最終回となりました。今までお付き合い下さり、本当にありがとうございました。実は連載を始めた時から、最終回はこのお話を書こうと決めていました、今回は「信用」についてのお話です。

   もう十何年も前の話ですが、私の先輩がまだ支店で働いていた頃、こんなお客さまが来店されたそうです。まだ昼間なのにお酒の匂いをぷんぷんと漂わせて、お店に入ってきた50代位の男性。カウンターにどしりと座ると、「お金を借りたい」と申し入れたそうです。

救急車も助けてくれなかった「信用のない人」

1年間ありがとうございました!(イラスト:N本)
1年間ありがとうございました!(イラスト:N本)

   ところが、このお客さまは過去に長期の延滞の記録があり、カードは使えない状態になっていました。応対をした先輩がそのことを説明すると、男性はいきなり大声を上げてわめき散らし、お店の備品を蹴り飛ばして外に出て行ったそうです。

   先輩たちがやれやれと後片付けをしていると、突然、お店の外が騒がしくなりました。先ほどの男性が、お店のあるビルの目の前で倒れているというのです。

   あわてて外に出てみると、倒れている男性の側にはワンカップが転がっていました。酔っ払って転んだのか、急性アルコール中毒かもしれません。先輩は急いで救急車を呼びました。

   ところが救急車は来てくれませんでした。十何年も前のことなのでどうして救急車が来なかったのか理由は定かではありませんが、どうやらその男性は救急車で担ぎ込まれて、病院代を踏み倒す常習犯だったらしいのです。

   救急車を断られてしまった先輩方は、市区町村の境目までその男性を連れて行き、隣町の病院に連絡をして救急車を呼び、男性を運んでもらったそうです。

「信用のない人は、救急車も助けてくれないんだなぁ…」

   ぐったりとしている男性を担ぎながら、先輩はそう思ったそうです。

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中