アップル「パスブック」の威力! 電子チケットやクーポン、会員証を一括管理

印刷

   日本時間の2012年9月13日午前2時、米サンフランシスコで期待の「iPhone5」が披露された。目玉はその「速さ」。次世代通信方式LTEに対応し、国内ではauとソフトバンクが基地局攻勢による速度合戦を繰り広げている。

   またiPhone5に先立ち、12日には最新OS「iOS 6」の発表があり、19日に配信が開始された。OSの話題は端末に比べて地味だが、今回は企業のマーケティング担当者に見逃せない新機能があった。それが「Passbook(パスブック)」だ。アップルによる「異業種の侵食」すら予感させる。

「先着1000名プレゼント」など導入事例が続々

チェックインが簡単になり、遅延の場合も通知してくれる全日空の「デジタル搭乗券」
チェックインが簡単になり、遅延の場合も通知してくれる全日空の「デジタル搭乗券」

   パスブックとは、簡単に言うと「電子チケットや電子クーポン、電子会員証などをひとまとめにして管理できるアプリ」である。配信に合わせて、すでにいくつかの企業がいち早く導入している。

   木村屋總本店では特製あんパンを、無印良品有楽町店ではブールドネージュ(クッキー)を、それぞれ先着1000名にプレゼントするクーポン券を配付している。

   アパレルのGap渋谷・原宿・銀座各店では先着350名限定でオリジナルグラスやトートバッグを、アディダス銀座店は先着100名限定ではオリジナルボールペンをもらえるクーポンを配付している。

   これらのクーポンは、パスブックに対応したパスを紹介するポータルサイト「PassBank(パスバンク)」に掲載されている。

   クーポン以外では、10月1日から全日空がパスブックを使って「デジタル搭乗券」を発行する予定だ。航空券を購入して座席指定をした後、パスブックに登録すると、搭乗チェックインを行わずにiPhoneをかざすだけで飛行機に乗れるようになる。運航状況や出発時刻に変更があった場合、プッシュ通知が届くのも便利だ。

   ぐるなびでも、パスブックの導入を開始している。ユーザーが保存した飲食店の近くに行くと、iPhoneの待受画面にクーポンのプッシュ通知が自動的に表示される。ユーザーは、表示されたパスブックの画面をお店で提示するだけで、割引等サービスを受けることができる。iPhoneのGPS機能と連動している点が特徴だ。

電通などが「パスの生成システム」を開発中

   ツタヤも、クーポンの配信を予定しているようだが、内容は未発表だ。将来的にはTポイントとも連動するポイントカードとしても使えるようになるのかもしれない。

   企業がパスブックを利用するには、iPhoneアプリの開発などに必要となるディベロッパー(開発者)登録をしてから、パス(クーポンなど)を作成する必要がある。ユーザーが表示させたパスが本物であることを認証するリーダーアプリの開発も望ましい。

   ゼロからの開発は、やや技術的障壁が高く手間もかかるため、電通などがパスの生成システムを開発中とのこと。「PASSSS(パススス)」を開発する電通デジタル・ビジネス局メディア企画部の澁川氏に取材したところ、

「はっきりと時期は言えないが、皆さんが思っているよりは早いタイミングかつ安い価格でシステムを提供できると思う」

ということだった。電通には、スマートフォン上のマーケティング活動をリアル店舗での購買につなげる「O2O」(Online to Offline)周りの事業を手がけ、顧客価値を拡大したい狙いがあるようだ。

   これまで多くの会社や店舗が、割引チケットや会員サービスに多大なコストをかけてきた。これがiPhone5とパスブックへ一気に流れこむことは考えられないだろうか。(岡 徳之

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中