「督促OL修行日記」 人気ネットコラムが書籍化

印刷
「今度電話してきたら、ぶっ殺す!!」

   過酷な労働環境でけなげに働く女性会社員の様子を描いたネットコラムが、文藝春秋で書籍化された。タイトルは「督促OL修行日記」、著者は榎本まみさん。J-CAST会社ウォッチの人気連載に大幅加筆したものだ。

文体を「である調」に変更。新エピソードも満載

榎本まみ「督促OL修行日記」(文藝春秋)
榎本まみ「督促OL修行日記」(文藝春秋)

   毎週水曜日の昼休みに1年間にわたって公開された「債権回収OLのトホホな日常」(N本=えぬもと名義)は、多くの読者を獲得した。2012年9月12日の最終回には、読者から異例の「お礼コメント」が数多く寄せられている。

「ショックだ…。このコラム大好きだったのになあ」
「お疲れさまでした。仕事を終えてコーヒーを飲みながら幾つかのニュースサイトを流し読み、中でもこのコラムが一番の楽しみでした」
「N本さんのコラムを読んで、督促される人が少しでも減ることを祈ります」

   書籍化にあたり、文体を「ですます調」から「である調」に変更。連載では書ききれなかった緊張感のある場面や、細かい心の動きなどが加筆されている。

   新しく加わったエピソードも多い。「お客さまタイプ別攻略法」では、感情と論理の組み合わせで客のタイプを4つに分け、それぞれに対処方法を授けている。

   書籍にしかないトホホな話も満載だ。心因性と思われるナゾの奇病に襲われて病院を転々としたり、多忙で洗濯ができず紙のパンツを買って履いたり、サークルのOB会で情けない思いをしたり…。一方、督促修行のおかげで「だめんず好き」に終止符を打つことができたというメリットもあったという。

   本当は笑いごとではないのだが、それを乗り越えて頑張る榎本さんの姿を思い浮かべれば、きっと元気と癒しをもらえるだろう。日々の仕事で疲れ果てたときに、ふと開いてみたい一冊だ。

榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中