2019年 11月 20日 (水)

アジア海外就職では「日本語力」と「日本式マナー」も売りになる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本人が海外で会社員として働くには、「日本企業の海外駐在員」として働く方法と、「現地採用の日系企業」で働く方法があります。就業者に求められるスキルは、大きく分けて次の3つです。

1.敬語を含むきちんとした「日本語力」と「日本式のビジネスマナー」
2.仕事のコアとなる営業力・技術力などの「専門スキル」
3.英語および現地語の「語学力」

   今回は、それぞれの意味について確認していきます。

クライアントの「日本人駐在員の信頼」を勝ち取る

インドネシアの日本人街のクラブ&バー「ユージロー」。アジアの日系企業には「昭和の香り」が残る
インドネシアの日本人街のクラブ&バー「ユージロー」。アジアの日系企業には「昭和の香り」が残る

   帰国子女の宇多田ヒカルは、デビュー当時に敬語が使えず「タメ口」で話していて、叩かれたことがありました。

   日本語の敬語の細かな言い回しは非常に複雑で、外国人が完璧にマスターするのは困難です。しかし日本で長いこと働いてきた駐在員は、敬語ができない相手を「失礼」と判断することが少なくありません。

   アジアの日系企業のクライアントには、まだまだ日系企業の割合が高く、意思決定権を持つのは日本人駐在員であることが多いのが実情です。したがって、彼らに「失礼」と思われずに信頼を勝ち取れる日本人スタッフが重宝されるわけです。

   駐在員の信頼を得て受注を獲得したり、プロジェクトを円滑に推進するために必要となるのが、きちんとした敬語やビジネスマナー。これが、安く雇える「日本語が喋れる現地人」ではなく「日本人」を雇う理由のひとつです。

「なんだよ、せっかく海外に出たのに日本の文化かよ」

と思う人もいるでしょう。正直、私もそう思います(笑)。

   しかし、いま現在で日本人が日系企業で働くときには、これが売りになっているのは事実であり、他の外国人よりも高給で処遇されるポイントです。せっかく売れるものは、売っておくべきです。

   ただし、この「日本村のルール」が、いつまで売りになるのかは分かりません。日本語力を売りに給料をもらいながら、「専門スキル」や「語学力」を身につけましょう。スキルや語学力が上がれば、日系以外の外資系企業や、ローカル企業に転職することも可能です。現地で起業するという選択肢も見えてくるかもしれません。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中