経理担当者が「買い物依存症」でないことを、どうやって確認するか

印刷

   少し前の事件になるが、上場企業の地方支店で20年以上経理を担当していた女性A(判決時54才)が、9年間に約3億6000万円を横領したとして、2010年8月に懲役4年6月の実刑判決を受けた。

   母と2人暮らしだったAの住まいの2階の部屋は、一度も使っていないブランド物の服、バッグ、時計などで埋め尽くされていたそうだ。典型的な買い物依存症である。

   横領に手を染めたのは1999年。ブランド品の購入を繰り返す中でクレジットカードの枠がなくなり、消費者金融から借金をするようになったのがきっかけである。会社名義の口座から現金を不正に払い戻し、架空の立替金を計上するなどして隠し続けていた。

他人に甘えられない性格が「横領」の引き金に

内部通報窓口を社員の家族に開放する会社もある
内部通報窓口を社員の家族に開放する会社もある

   Aは3人姉妹の真ん中。他の2人は結婚し、両親と暮らす中で父親が他界。「父を亡くした寂しさ」と「自分が母と家を守らなければというプレッシャー」が買い物依存のきっかけとなったとのことである。

   一説によれば、この女性のように「他人に甘えられない(依存できない)」と自分を追い込むことが、その代替として物への異常な依存心をもたらすといわれている。

   このような心理状態は、「他人に打ち明けられない問題」がもたらすプレッシャーが横領の動機となるという「不正のトライアングル」の考え方に通じるところがありそうだ。

   依存症になるリスクの高い人は、ストレスを内面に鬱積させやすい上に、浪費でカネに困りやすいため、横領を犯すリスクが格段に高まる。企業としては、そのような人物に経理を任せるのは致命的といえるだろう。

   2009年に公表された厚生労働省の調査によると、ギャンブル依存症の日本人は推計400万人。買い物依存に悩む人も含めれば、自社に依存症の従業員がいる可能性は低くない。

   冒頭の横領事件では、Aに10年以上も横領の機会を与え続けた会社の管理体制のずさんさが最大の原因であるが、Aが「買い物依存症」だったということを職場の上司や同僚は気づかなかったのだろうか。

「家庭訪問」で確認する金融機関もある

   Aはブランド品を買うだけでほとんど身につけていなかったから、仕事中しか接点のない会社の人間は異常に気づきにくかったのかもしれない。しかし、依存から脱しようと苦しむなかで、Aはこんな兆候を示していなかったか。

・無断欠勤をするようになる
・銀行に行くと偽って買い物をする
・落ち着きがなくなる
・周囲を避けるようになる
・周囲にお金を無心するようになる

   同僚や上司がもっとAの言動に関心を払っていればと悔やまれる部分もあるだろう。さらに、Aの場合は、部屋中にブランド品があふれていたことから考えて、同居していた母親は間違いなく何らかの異常に気づいていたはずだ。

   家族が異常に気づいたときに、それを会社に知らせてくれれば、リスク管理に大いに役立つ。実際に内部通報窓口やメンタルヘルスの相談窓口を社員の家族にも開放して、家庭で察知した異常を会社と共有しやすくしている企業もある。

   さらに踏み込んだ対応として、金融機関、特に地域性の強い信用金庫の中には、横領リスク管理の一環として支店長による家庭訪問を実施しているところもある。「小学校じゃあるまいし」と笑う人もいるかもしれないが、実施している側は真剣だ。

   このような家族の目や耳をリスク管理に活かす対応は、大企業では非現実的かもしれない。しかし、横領の原因が私生活にも深く根ざしている現実を見据えれば、このような対応も一考の余地がある。いずれにしても、「問題や悩みを素直に共有できる相手」の存在の大切さを改めて痛感する。(甘粕潔)

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中