人気上昇中! 資格取得者に聞く「アクチュアリー」の知られざる姿

印刷

   就職難の昨今、「何かしら資格があれば、仕事に就きやすくなる」と言われることがある。しかし、せっかく苦労して取った資格でも、仕事にマッチしなければ、職場になかなか受け入れられない。

   一方、仕事に合った資格であっても、誰でも取れるものなら、会社からあまり重宝されない。難関かつ具体的な仕事に強力に結びついている資格があれば、かなり苦労して取る意味もあるだろう。

   そんな条件を満たす資格のひとつに、「アクチュアリー」があるという。ひとことでいうと「確率・統計などの手法を用いて不確定な事象を扱う数理のプロフェッショナル」。資格取得者は国内で1300人ほどしかいない狭き門だ。

数理系の素養が生きる。企業間で引き抜き競争も

理論的な学問がビジネスの場で展開される面白さもある(写真はイメージ)
理論的な学問がビジネスの場で展開される面白さもある(写真はイメージ)

   日本では聞きなれないアクチュアリーだが、米国では「有望な資格」としてよく知られているようだ。米キャリアキャストの「The 10 Best Jobs of 2010」の第1位、2012年版でも第2位となっている。

   快適な労働環境で働くことができて、身体的・精神的ストレスも比較的少ない。収入も高く、転職見通しも申し分ないという評価をされている。

   どんな人がアクチュアリーの資格を取っているのか。自身も資格保有者であるオリックス生命の経営企画部長、加藤貴久氏に話を聞いた。

「生命保険会社で働くアクチュアリーが多いですね。死亡率など過去の実績から将来の見通しを立て、保険商品の開発や企業経営につなげる仕事に就く場合が多いです。損害保険会社で働いたり、信託銀行の年金業務に携わる人もいます」

   オリックス生命に勤める日本アクチュアリー会の正会員は、現在3人。経営企画部長のほか、保険業に欠かせない「保険計理人」を兼務する統合リスク管理部長、それに商品開発部の課長だ。加藤氏も商品開発部の出身である。

   資格取得者のほとんどは、大学で数学を専攻した人たち。これまでは教職や研究者を選ぶことが多かったが、少子化による就職先の減少が見込まれる中、数理系の素養を生かしてアクチュアリーの資格に注目する人が増えているという。

「少子高齢化や国際化など社会が大きく変わろうとしている今、アクチュアリーの需要は非常に高まっています。すでにいろいろな会社が引き抜きをしたがっているようですし、弊社でも今後ぜひ増やしていきたいところです」

商品開発から財務まで、会社の中核を担う

   アクチュアリーの資格取得には、1次試験で「数学」「生保数理」「損保数理」「年金数理」「会計・経済・投資理論」の5つの学科試験を合格したあと、2次試験の「生保コース」「損保コース」「年金コース」のいずれかに合格しなければならない。

   2次試験の専門科目で実務に絡む論述問題も出ることから、在学中の学生の合格者は珍しい。会社に勤めて保険や年金の実務をこなしながら、プライベートの時間を削って勉強をしている人が多いという。

   5年程度で全科目に合格する人は早い方で、10年近くかかる人も珍しくない。それでも、資格を取得すれば保険会社の中核となる仕事にかなり就きやすくなる。

「保険商品の保険料や解約返戻金を計算するには、将来の不確実性の分析が欠かせませんが、ベースとなるシミュレーションはアクチュアリーが主導します。また、会社の収支予測を行い、必要な責任準備金などを算出する財務の仕事にも重要な役割を果たします」(加藤氏)

   膨大なデータを扱い複雑な計算を行ってアクチュアリーが提供する資料が、経営判断を大きく左右することもある。そのため、数理的な試算だけでなく、判断のための分かりやすい説明までが必要だ。加藤氏いわく、「数学と国語の両方が必要」ということだ。

   大学で専門性を身につける必要性が強調されている昨今だが、身につけた理論的な学問が、実際のビジネスの場で展開されることの面白さもあるに違いない。世の中にはこんな仕事があることを知っておいてもいいだろう。

神永正博:食える数学
神永正博:食える数学
  • 発売元: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 価格: ¥ 1,575
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中