2019年 12月 15日 (日)

受身で精神的に弱いのは「ゆとり世代の特徴」といえるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

管理職は「元祖指示待ち」、社長は「しらけ族」

   現代用語の基礎知識によると、「指示待ち族」という流行語が登場したのは1981年。いまから約30年前のことだ。坂川山輝夫氏の造語で、1958年ころに生まれた世代を評した言葉だという。

   ということは、元祖「指示待ち族」は、現在55歳前後。いかにも管理職として「いまどきの若者」との世代ギャップが生じていそうな層だ。もしかすると、親子の関係にあると言えるのかもしれない。この親にして、この子あり。

   さらに、現在60代半ばの経営者層は、元祖「しらけ族」(1971年の流行語)。「無気力・無関心・無責任」の三無主義と、さんざん叩かれた世代だったはずだ。

   若者を対象とした調査結果を公表するときは、それが本当に「ゆとり世代」特有のものなのか、他の世代と比較してきちんと分析すべきだろう。巷に出ている調査結果は往々にして、単に「20代若者共通の特徴」だったりするのではないか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中