「若者が海外に出て行ったら、日本はどうなるの?」に対する答え

印刷

   先進国が加盟する経済協力開発機構(OECD)が、「東北スクール」というプロジェクトを進めています。岩手、宮城、福島から参加した12歳から17歳の生徒たちが、2年後にパリで開催されるイベントの企画、実施に向けた作業を行っています。

   震災前には、多くの外国人が聞いたこともなかった東北の地名。悲しい出来事を伴いながらも知れ渡ったその名前を使って、若い人たちが広い世界に出て行き、その先で東北のイメージをよくする行動を起こすのは非常に素敵なことです。

東北スクールの取組み「大きくなって帰ってきてくれる」

被災した中学校の黒板。「力強く生き抜け」と書いてある
被災した中学校の黒板。「力強く生き抜け」と書いてある

   このような取り組みに対して、「そんなことをしたら、若者がどんどん東北から海外に出て行ってしまう」と心配する人もいるようです。しかし、教育委員会の方々は、信念をもって、このプログラムを推進していました。

「短期的にはそれでもいい。『東北に生まれ育ってよかった』と思われるような教育を提供すれば、彼らは必ず外で大きくなって、再び東北に帰ってきてくれる」

   海外就職の話をする時にも、同じことを言われることがあります。「若い人が海外に行っちゃったら、日本の将来はどうなるんだ?」と。私は、心配には及ばないと考えています。

   そもそも海外で働く日本人の数は、まだまだ数十万人といったレベル。1億2千万人の日本の人口からしたら微々たる人数です。それ以上に、海外で働いた人は、どこかのタイミングで日本に貢献してくれるようになると思われるからです。

   最近、ある日本企業の方から、「東南アジアのある国に新しく支社を出すから、その国で現地採用として働いていた人を紹介してくれないか」と頼まれました。その会社にとっては新規出店となる国なので、社内に経験者はいません。

   他の国には支社があるので、海外進出のノウハウはありますが、その国の言葉や習慣、法律や言葉などについて未知数。現地のことをリアルに知っている人が一人いるだけで、多くの問題を未然に解決できる。だから、優秀な経験者を雇い入れたいとのことでした。

他国を豊かにしながら、日本も豊かになる道を探ろう

   このように、海外で経験を積んだ人は貴重な戦力になることが多々あります。

   例えばタイで働いていた日本人は、タイに支社を出すときだけでなく、タイ向けの製品を作るときや、タイの会社に部品を売るとき、タイの会社と提携して事業をするときなど、様々なタイミングで求められます。

   そして、このような人材が日本企業のタイ進出をスムーズにし、業績の躍進に貢献すれば、その企業の収益は上がり、ひいては日本国の国益となります。

   このような事例は、まだまだ少数ですが、日本国内の人口は少なくとも向こう数十年は減少傾向であり、日本国内だけにサービスを提供する会社は、今後業績を向上させることは難しいでしょう。

   だから、日本国外に提供していかなくてはならない。そのため、国外の知識を持つ人たちを育てるというのは非常に大切なことだと思うのです。

   東北スクールによって海外に目を向ける若い人が増えていけば、日本の中に留まっている高い技術やサービスレベルが、多くの国に広がっていくはずです。

   それが世界の多くの人を豊かにし、その対価を得て日本も豊かになること。そんな世の中が来たらいいと思いませんか? そんな未来を夢想しながら、今後も海外の日本人求人の動向を調べていきたいと思います。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中