2020年 7月 11日 (土)

エビでタイ釣った!? ウェブ作成と引き換えに「ランチ&ディナー権」獲得

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   東京・六本木のITベンチャー・タイマーズが、ウェブサイトを作成する代わりに「まかない飯」を提供してくれる飲食店を募集していることは、すでに話題となっていたが、このたび店舗が決まったという知らせを受けて取材に向かった。

   期間限定の「社員食堂」に決定したのは、タイマーズの事務所にほど近い「シャムロック六本木店」。店舗を運営するディナーラッシュが「回数券」を発行し、系列である六本木の他の2店舗のほか、新宿と渋谷、中野の店舗でも使えるよう便宜を図ることになったという。

店舗オーナー「若い人と関わるのも勉強になる」

「まかないプロジェクト」のロゴが入った回数券でランチやディナーが味わえる
「まかないプロジェクト」のロゴが入った回数券でランチやディナーが味わえる

   昨年11月の告知から1か月足らずで十数件の問い合わせがあり、応募のあったすべての店舗と面接を行った。ディナーラッシュからは「回数券を使えばディナーやアルコールもOK。コーヒー飲み放題」という条件が提示され、最終的に決定した。

   ランチメニューと夜のパスタ、おつまみに使える回数券は、社員ひとりあたり月30枚が支給され、社員5人の半年分で900枚にもなる。当初の企画は「ランチだけ」だったことを考えると大収穫で、「エビでタイを釣った」と言ってもいいのではないだろうか。

   ディナーラッシュのオーナー・泉一雄氏は、30代後半のノリのいい男性。プロジェクトに応募した理由について、面白そうだったからと笑顔で話す。

「ちょうど店のサイトを作ろうかなと考えていたところだったので、IT系の人たちからアドバイスをもらえたらいいな、くらいの軽い気持ちでした。タイマーズの社員は全員20代だし、若い人と関わるのも勉強になるといった期待もありましたね」

   回数券は2月15日から使用可能となっており、すでに社員の食事のほか、打ち合わせや懇親会の場としても使われているという。

   もちろん回数券と引き換えに、系列店舗の紹介を含むウェブサイトの制作や、ソーシャルメディアを使ったマーケティングのアドバイスが求められている。これだけ手厚いもてなしを受ければ、もう失敗は許されない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中